1. 思考
  2. 5 view

教育とは崇高な望み。教育者とは崇高な望みの体現者

望むことをやめたら楽に生きることができるのだろうか?

まったく望みのない人生とまではいかずとも、何かしらの望みを諦めてしまうことは、楽なのだろうか?

望みをエゴだと片付けるのは、あまりにも乱暴過ぎないだろうか?

でも、望まないことで楽になるのは確かでもある。

ただ、毎日を享受できる生き方は幸せだし、どことなく悟ってるような感じもする。

だけど、これはまやかしじゃないだろうか?

望まないと言うのは、成長放棄にならないだろうか?

望まなければ、障害なんてないのと同じだ。

でも、障害がなければ、成長はない。

ボクは人間の喜びは成長の先に無限にあると考えている。

だけど、望まなくなることは、その喜びをも放棄することだ。

望み、成長し、喜ぶ。これが生きることの幸せで、人生を豊かにする手段の一つ。最も効果は高いかも知れない。

また、望み、成長を手助けし、共に喜ぶ。これも至高の幸せと言える。

良き教育者とは、この喜びを実現できる人だろうと思う。

望むこととは、学ぶことでもある。

学ぶとは、知識と行動のセットだ。

知識を溜め込んでもクソの役にも立たない。

知識はアウトプットしなければ、時間の無駄になる。

アウトプットとは、誰かのために発信すること、自分のために行動に移すこと、そして、誰かを導くことだ。

望むことを他に求める人は、教育者たらんとしなければならないし、その覚悟なく、他者に望みを求めることはエゴになるんだろうと思う。

だから、教育者は大変だ。

己にも望み、他者にも望むとは、それだけ崇高なことなのだろう。

望みを諦めることは、楽かも知れないけれど、それはもしかしたら、自分だけでなく、他者をも不幸にするのかも知れない。

なぜなら、それは誰かの成長のキッカケにならないという選択だからだ。

自分が望み、成長するならば、そして、アウトプットをするならば、教育者たらんとする自覚を持った方が、より人生は豊かになるだろう。

それを生業にするならば、余計に望みを諦めてはいけないなと思う。

自己成長だけに留まらず、他者にもその機会を与え、導けるだけの覚悟を持って、崇高な場所での喜びを得る人生を歩むことをしなければならない。

人に教えるとは、至高の喜びだ。戒めよう。

思考の最近記事

  1. 人生は実験という考え方

  2. 価値観を書き換える具体的な方法

  3. 教育とは崇高な望み。教育者とは崇高な望みの体現者

  4. 四十男の死生観

  5. 簡単すぎたマインドセットの書き換え

関連記事

PAGE TOP