1. 思考
  2. 9 view

料理

一人暮らしを始めてから、当たり前やけど料理することが増えた。

得意ではないし、熱心でもないから、上達はしないんだけれど、料理を作ることは好きだ。

レパートリーもないけれど、「何を作ろうか?」と考えることも苦にはならない。

YouTubeやクックパッドを見ながら、なんとなく作れるし、食べたいモノ、食べさせたいモノを作ろうという想いがあるから、料理は献立から楽しいと感じられる。

一人暮らししてる人の中には、料理は時間がかかるから、外食や惣菜やインスタントで済ませたらいいって考えもあるだろうけど、ボクはその点に関しては、多少「健康」を意識している。

食は明日の身体を作るものやから、なるべく身体のことを考えた献立にすること。これが、ボクの基本的なスタンスだ。

だけど、こだわりってほどではない。肉類と野菜類をバランス良く食べたいってだけのこと。

日本人やから一汁三菜、一汁二菜とかにしてもいいなぁとかも思っている。

ちなみに、最近スーパーの鮮魚コーナーを見てて思うんだけれど、お刺身とか切り身と比べたら、一尾買う方がなんであんなにも安いんだろうか?

人の手が入るからってのは分かるけれど、それにしては刺身や切り身が高すぎると感じてしまう。

一尾買って、三枚おろしにしてもらうのと、切り身を買うのとやと、量は異なるけれど、単価は2〜3倍違わないだろうか?

だったら、一尾買って、自分で必要な分だけ切ればいいやん。ってボクは思ってしまう。後は鮮度は落ちるとしても冷凍すりゃいいんだから。

ほんと、人の手を介するだけで価格が大きく変わるってのは、違和感を覚えるんだけれど、きっとそれが当たり前なんだろう。

自分でやるのと、人がやるのとの差。

外食と比べてもそうなのかも知れない。そう考えれば、納得できるか。

さて、そんな疑問は良いとして、、、

ボクは料理する。

きっと、明日も明後日も何か作るだろう。

そして、出来上がった料理を見て、いつも思うのだ。

この料理を食べて、笑顔になってくれるだろうか。

あなたの笑顔が見たいから、「美味しい」って笑顔で喜んでもらえることが、ボクの幸せだから、ボクは料理するんだな。と。

さてさて、明日は何を作って喜んでもらおうかな〜。

思考の最近記事

  1. 人生は実験という考え方

  2. 価値観を書き換える具体的な方法

  3. 教育とは崇高な望み。教育者とは崇高な望みの体現者

  4. 四十男の死生観

  5. 簡単すぎたマインドセットの書き換え

関連記事

PAGE TOP