1. 雑記
  2. 13 view

思いと想い

思うと想うをボクは使い分けている。

思うは、単純にいろんなことを考えているとか感じているとかを表す時に。

想うは、大切な人に向けている気持ちを表すときに使う。

どちらが正しいとか、成り立ちがどうとかは知らないし、調べるつもりもない。

ただ、思うより想うの方が、誰かを想っているという表現をするときにしっくりくるだけだ。

単純に言えば、女神ちゃんに対しての気持ちが想うであって、それ以外は思うを使う。という使い分けをしている。

これは別にブログに関してだけではなくて、歌詞でも手紙でもそうしている。たまに間違ってる時もあるかも知れないが、意図的にはそうしている。

なぜなら、その方がボクの中で意味のある漢字になる。

不思議だけど漢字一つの使い方だけで、ボクの文章に深みが出る。とボクは思っている。

他にも、唄と歌がある。

これは意図的な使い分けはしてなかったけれど、唄は曲のこと。

歌は歌うみたいな行動のことを表す漢字だと思っている。

これも調べたら違うのかも知れないけれど、まぁ、ボクの感覚だ。

漢字に特別な意味を持たせるだけでも文章に深みは出るだろうし、伝わるメッセージも変わるのかも知れない。

そして、使い分けを知ったあなたが読むボクのブログは、これから少し意味が深まるかも知れない。

ボクは女神ちゃんを想い続けている。それこそ、腕の中で看取りたいくらいに想っている。ボクの使う想いには、それほどの感情と気持ちを込めて使っているってことだ。

そう知れば、ボクがあなたのことを思っているとは、だいぶ訳が違ってくるだろう。

思いと想いだけで、これほどの差を出すことができるんだから、漢字は面白いよね。

雑記の最近記事

  1. 400記事も書いてたのか

  2. どこまでも自分なんやで

  3. 秋の夜風に吹かれて

  4. お好み焼きはどれだけ手抜いて作れるか

  5. プロ野球観戦して来たよ[中日対広島]

関連記事

PAGE TOP