1. 雑記
  2. 10 view

悩みを解決する方法について考える

悩みを解決する方法について考える。

結論として、解決策は内容によって千差万別ではあると思うけれど、根本は「行動しない」ことにあると思うし、それだけが普遍の答えだろう。

後は、そもそも解決策が「思い付かない」ってこともある。

行動できない、思い付かない、これはどちらにしても「一人」で悩んでる間は変わることがない。

これは、誰かに相談するだけでなくとも、本を読むとか、ネットで調べるとか、勉強するとか、とにかく自分以外の誰かの知識を借りれば良いってことだ。

基本的に初動は「調べる」だろう。そして、最後が「相談する」。つまり、誰かに頼る。ってことになる。

いずれにしても、行動しない人が問題を解決する術などない。

それはもう問題を問題として認識していないか、諦めているのだから、悩む必要すらない。

心のストレスになるなら、行動しなければ道筋は永遠に見つからない。

先ほども言ったように行動は、実際に体を動かすでも良いし、頭を働かせるでもいいわけだ。

とにかく、現状から一歩でも半歩でも前に進む。進み続けられるなら、その行動で進んだ気になるだけでもいい。

蓄積すれば、やがて問題や悩みは解決に向かう。

怖いのは、解決するための行動をせずに、原因を自分以外の何かのせいにすることだ。

それで気が済むならいいかも知れないけれど、ストレスが溜まるとか、誰かにアタるとかするならば、その考え方は非常にまずい結果を生む。

一言で言えば、言い訳するなってことに尽きるんだけど、本当にこれはそうなのだ。

前に、悩みを解決できる人の大切な要素を考える記事を書いたけれど、素直さと勇気がないと、問題は解決に向かわない。

何より、問題や悩みというのは、自分が「これは問題だ」「これは悩みだ」と感じているから、問題や悩みになるわけで、自分の中に問題があることも多い。

ビジネスで集客したいけど、方法が分からない。などであっても、まず調べろ。それができないなら、調べると意識を持てるだけの自分になれ。と言うことだ。

つまり、全ての根本は自分にあって、そこを他人に依存するのか、自分の弱さと気付き、変えるため、成長するために行動するのか、これが大切だということ。

ボクが悩み相談やコンサル、コーチングを行うのは、ここを根本からサポートしたいという想いがあってだ。

人は弱い。弱いことを知っている。

ボクも弱い。弱いことを知っている。

だから、ボクは弱い自分を鼓舞して、自分を見つめ直したり、怖さに立ち向かったりしながら、サポートするに足る自分になる努力をしている。

経験もあるし、知識もあるけれど、足る自分ではなかったから、今は活動と並行して自分を成長させることも行なっているわけだ。

まぁ、だからこそ言えるのだけれど、あなた一人で悩みを解決することはできないと考えた方が、解決は早い。

人はそれほど強くないし、多くを知らないし、行動したいわけでもない。

雑記の最近記事

  1. 400記事も書いてたのか

  2. どこまでも自分なんやで

  3. 秋の夜風に吹かれて

  4. お好み焼きはどれだけ手抜いて作れるか

  5. プロ野球観戦して来たよ[中日対広島]

関連記事

PAGE TOP