1. 雑記
  2. 8 view

自然に囲まれたいという願いと守りたいという思い

ボクは一人とか少人数が好きではあるけれど、こもることが好きなわけではないんやなぁと最近気付いてきた。

と言うか、自然を感じられない環境に居続けることが苦痛なのだ。

空の青さ、雲の白さ、風の肌心地、星の瞬き、樹々のざわめき、川のせせらぎ、波の打つ音、月の満ち欠け、太陽の作る空の彩り。

こういった自然を感じない日が続くと、不安と孤独を感じる傾向にあるようだ。

不思議だけど、そういう環境に身を置いていると想像するだけで、癒しを感じるし、やる気にもなれる。かと言って、想像だけじゃ物足りないんだけれどw

ところで、不思議ついでにもう少し不思議な話をする。

夢の話だ。いや、夢に入る前の想像の話なのかも知れない。

時代はよく分からないけれど、中世ヨーロッパのような場所。

ボクには大切な人がいた。

だけど、ある日彼女は処刑された。魔女狩りってやつだろう。

ボクは彼女を助けることが出来なかった。

ボクが何者であったのかは分からないけれど、魔女と断定された彼女との関わりは抑圧され、何も出来ないままその日を迎えた。

誰もボクたちのことを知らない場所で、ただただ自然に囲まれて、健やかに穏やかに2人で過ごしたかった。それが適わなかった。

感情的な部分は敢えて書かないが、そんな夢。

今のボクが自然を求める理由はこの辺りにもあるだろうし、ボクが大切な人を「守りたい」と使命のように思う理由もここにあるのだろう。

守れなかったこと、適わなかったこと、この運命を変えることが、今のボクの運命なんだろうと思う。

こうして考えると、自分のことや周りの環境が不思議と繋がる。

これがボクの前世だったのかどうかは分からないし、知るよしもないけれど、あり得る気がするんだから、不思議なものだ。

ところで、週末ってのは、どうも眠れないんだが、なんだろな。

雑記の最近記事

  1. 400記事も書いてたのか

  2. どこまでも自分なんやで

  3. 秋の夜風に吹かれて

  4. お好み焼きはどれだけ手抜いて作れるか

  5. プロ野球観戦して来たよ[中日対広島]

関連記事

PAGE TOP