1. 雑記
  2. 12 view

ボクたちは希望が欲しい

あなたが人生に絶望したことは何回もあるでしょう。

ボクも同じです。何度も絶望したことがあります。全てが嫌になって仕事も家庭も捨てようとしたことがあります。

それでも、今もまだ生きています。ですが、生きるためには希望が必要です。

些細な希望であっても良いから、何かしら希望がないと、人は生きていられません。

だから、ボクたちは生きていられるんだと思います。

何かしらの希望があるからです。

ボクにも希望があります。

その希望は、絶望の中から見つけた小さな希望ですが、その希望の先にもっと大きな希望を持てることが見える。そんな希望のカケラのようなものです。

正直に答えておきます。

ボクは、今夜まで心に絶望を抱えていました。

でも、今はなんの絶望も感じなくなりました。

環境や状況が変わったわけではありません。

気付きから得た、たった一つの真実を理解したからです。

一つ前の記事にも書きましたが、言葉を変えて言います。

源泉は足元にある。これは、哲学者ニーチェの言葉です。

本当にそうでした。

自分の足元には、全てのことが湧き出る泉があるのです。

そこから絶望も生まれます。希望も生まれます。

かつて、ボクは自分の強みを知る機会がありました。

その時に知った強味はいくつかあったはずですが、たった一つしか覚えていません。

ボクが覚えている強み、それは、、、

人に希望を抱かすことができる

というものです。

自分でも何のことか分かりませんでした。意味も分かりませんでした。

ですが、今夜抱いた希望のお陰で、ボクの強み、その意味を理解しました。

スティーブ・ジョブズが教えてくれたように、人生における点は、いつか結ばれて線になります。

その時になって、初めて自分が何をしてきたのかを理解出来るのです。そして、自分が何者になるのかを知ることができるのです。

あなたが人生に絶望したことがあるように、ボクも絶望を経験して来ましたが、その絶望さえも点の一つに過ぎません。

ですが、あなたの人生の先に繋がるようや希望を見つけた途端、その点が意味のあることになり、受け入れられるようになるのです。

さて、ボクはこれから自分の強みを活かすことをしていきます。そのためには、時間などいくらあってもたりません。

そして、ワクワクが止まらないのです。

不思議なものです。

本当に数時間前まで、お先真っ暗みたいな思考回路だったはずなのに、今は明るい道が先まで見えています。

ボクが強みを活かす時、あなたに希望を抱かせることもできるかも知れません。

なぜなら、あなたは希望を求めています。そして、ボクには希望を与えるという強みがあるからです。

ただ、芸人に「面白いことやって」というほど馬鹿げたことがない様に、「希望教えてよ」なんて言われても、あなたに希望は与えられません。

でも、あなたが本気で希望を求めたとき、ボクと出会えれば、ボクからあなたに希望を与えることができるかも知れません。

と、たいそれたことを言いましたが、忘れないでください。

希望はいつもあなたの足元にあるのです。

その希望を掬うことができるのは、あなたしかいないのです。

雑記の最近記事

  1. 400記事も書いてたのか

  2. どこまでも自分なんやで

  3. 秋の夜風に吹かれて

  4. お好み焼きはどれだけ手抜いて作れるか

  5. プロ野球観戦して来たよ[中日対広島]

関連記事

PAGE TOP