1. 雑記
  2. 10 view

遊歩道にて

河原に広がる公園の遊歩道を何も持たずに歩いた。

遊歩道の両脇には草木が生い茂り、向こうには土手、反対側には時折流れる水が見える。

鳥が羽ばたき、虫は草花を行き交う。

風が吹けば草木は揺れ、空に漂う雲もまた風に吹かれるまま流れている。

周りには誰もいない。

自然の中を目的もなく、邪魔されることもなくただ歩くと、自分もこの地球の一部なんやと感じる。宇宙の一部なんやと思える。

すべてただそこにあるだけ。

歩いてる途中、「もっと素直に生きていい」と言われた気がした。

もっと感情を表に出して生きていいと。

そうなのだ。

結局、人目を気にしてる。

嫌われることを恐れている。

批判から逃げようとしている。

誰も何も思っていないのに、勝手にそう思われてる気がして、怯えている。

そして、怯えている自分に怒っていた。

さっきから突然、イライラして仕方なかった。

なぜイライラしてたのかが分からなかった。

挑戦に向けて行動してるのに、イライラする理由が分からなかった。

自分のせいなのか?それとも誰かのせいか?と色々考えたけど、どれも違ったから、余計に困惑していた。

結局、自分のせいではあるんだけれど、心の中の隅っこの方で怯えていたボク自身に腹が立っていたのだ。

新しく仕事を始めることの怖さはあるけど、ボクが怯えていたのは、仕事を始める怖さじゃない。

これは、精神的なストレスに対する不安だ。

自分の弱さへの不安だ。

かつて、仕事のストレスで適応障害になったから、そこに敏感になっているだけだ。

始まってもいないことに対して不安を感じる必要はない。

ストレスを感じないペースでやればいい。

今の自分の歩幅以上に大きく進む必要はない。

新しい仕事を始めようと動いてること自体が進歩だ。まずは、そんな自分を褒めてあげないと。他に褒めてくれる人はいない。

ここからまた一歩ずつ。

アテのなかった遊歩道でボクはそんなことを考えていた。

雑記の最近記事

  1. 夏休み2回目

  2. 遠慮と言い訳

  3. 行動できないをフォローしたい

  4. 検索エンジンからの来訪者

  5. 地道に。でも爆速で。

関連記事

PAGE TOP