1. 雑記
  2. 25 view

命をベットしてお願いする

ブログをはじめてから、何度も何度も、いろんな自分を見てきた。と書いても、ボク以外に分かってくれる人はあんまりいないだろうけど、自分を見つめ直す度に、そういう自分を見つけて来た。

これもまた分かる人は少ない話なんだけれども、ボクは適応障害を2019年8月20日に発症してから、本当に何もする気が起きなくなった。

その日、仕事はおろか妻子までも捨てて、ボクは自分を守るしかなかった。

そうしなければ、自分で自分を壊していただろう。

まぁ、それはさておき、ボクは自分がそんな病気になるなんて夢にも思ってなかった。むしろ、そんなものとは無縁で、メンタル鋼とか思ってた。

でも、実際はボクは、ただただガマンしていただけだった。

しかも、そのガマンは遥か昔から、、、

人は無意識であったとしても、自分にウソをつくし、自分の存在を勝手に理解しようとする。

特に、幼少期には「自分の存在」に対して是が非かを定めようとする。

ボクは非と思いながらも、その上で是であろうと自分を作り上げた。これは子どもが生きる術なんだろうと思う。

そうして、小さなストレスをガマンしながら、ボクは生き続けた。これは何もボクに限った話ではないのかも知れない。

つまり、ボクが適応障害になるまでに溜め込んできたストレスというのは、異常だったと思う。

適応障害という病気を詳しくは知らないけれど、きっとそれは、人にはそれぞれストレスに対する許容値があって、それは総量と短期間の量と2つある。

ボクの場合、総量はある程度あったんだろうけど、性格がそれをないものにして来ていた。だけど、確実にそれは溜まっていた。

その上で5年かそこらで、一気にストレスを溜めることになり、溢れ出たんだと思う。

ボクはそれを自分のせいだと、これは今でも、そう思っている。

なぜなら、それを人のせいにしようもんなら、ボクはこの先、誰も信用できないからだ。親も兄弟も親友も親戚も友だちも知り合いも、誰一人信用出来ない。

だから、ボクが適応障害になったのは、誰のせいでもないと理解している。そういう性格だった自分がハズレを引いただけだと。

でも、こんなボクさえも理解してくれる人がいる。

寄り添って、手を引いて、励まして、試練までくれて、さらに、信用して、信頼してくれる人がいる。

何より、その人はボクを愛してくれている。

だから、ボクは適応障害を言い訳にしなくなれた。

自分を責めても別に構わないと思えるようになれた。

自問自答で変われたのも、すべてその人のお陰だ。

ボクが彼女を女神ちゃんと呼ぶのは、惚気ているわけではない。

適応障害のまま、自分を責め続けるしかないツラさなんて誰にも分かるはずがない。親にさえボクは救えなかった。

そんなボクを救ってくれたから、ボクは恋人を女神ちゃんと呼んでいる。もちろん、普段は呼ばないけれど、それくらい彼女に感謝をしている。

だけど、今のボクにはその感謝をカタチにするだけの力が不足している。

だから、せめて気持ちだけでもと愛を伝えている。

そして、その上で行動ができるようになったから、行動でも示そうとしている。

適応障害に悩み苦しみ続けたボクが、自問自答の末に変われたことも、その先に見つけた自問自答のメソッドで、同じように自分に悩む人を救いたいと思うのも、すべては彼女の愛に応えられるだけの自分になりたいからだ。

その為なら、ボクは誰でも救ってやる。

本気で自問自答に向き合えるヤツなら、ボクが救ってやる。

少なくとも、ボクは自分のために、女神ちゃんのために、この命を削る覚悟で、今を生きている。

だから、それに応えられるヤツなら誰でも救ってみせる。

ボクが自問自答コーチングを始めた理由は、私情だが、そこに命をベットしている。

これが、今のボクにできることだ。

女神ちゃんへの感謝と、彼女の愛への応え方、そしてこれが、ボクにできる彼女への愛のカタチだ。

だからこそ、ボクは、TwitterやFacebookやこのブログであなたにお願いしている。

頼むから、一人でも多くの人に拡散して欲しい。

ボクは酔狂や惚気でお願いしてるわけじゃない。

どうか、あなたの力を貸して欲しい。

適応障害になり、すべての関係性を破棄したボクにはムリだ。過去の関係性に目を向けることもまだ出来ないから、あなたにすがるようにお願いするしかない。

どうか、あなたの力で、ボクを成功に導いて欲しい。それができるのは、あなたしかいない。

自問自答コーチングが成功するように、あなたの力をボクに貸してはもらえないだろうか?

ボクはこれ以上、適応障害を抱えたまま、自分を責め続けたくもない。

女神ちゃんに対して、ちゃんと自分の力で立ち上がって向き合って、しっかり愛を返したい。

その時、はじめてボクは自分を許せると思う。

だから、ボクを助けて欲しい。

ボクにできることは、本気で動く覚悟のあるヤツだけを救う事だ。

ボクが本気で命をベットしてるのだから、本気でないヤツは相手にできない。

そんなボクの夢を叶える為、ボクを男にする為、あなたの力を貸して欲しい。これは、ボクの一世一代を掛けたビジネスだ。

このURLは、まだ審査中ではあるが、それでもいいから、一人でも多くの人に、ボクの存在を、自問自答コーチングの存在を伝えて欲しい。

URLの拡散とリツイートとシェアをして欲しい。

https://camp-fire.jp/projects/332956/preview?token=3krk6gb4

雑記の最近記事

  1. 夏休み2回目

  2. 遠慮と言い訳

  3. 行動できないをフォローしたい

  4. 検索エンジンからの来訪者

  5. 地道に。でも爆速で。

関連記事

PAGE TOP