1. 雑記
  2. 13 view

哲学者っぽいよね

ボクのことではないのだけれど、何か得るものもあるだろうと思って、彼の運命を記事にしてみる。

彼は、幼き頃は敵だらけだったと思う。仲間もいただろうけど、群れることのない彼らは、幼き頃から自立した個体だった。

弱肉強食の世界で、彼は己の力だけで生き抜き、成長していく。

いつしか仲間の数も減り、自然淘汰の先でも彼は生きていた。

だけど、抗いようのない多種多様の巨大な力が存在することも確か。

ある時、彼は、その巨大な力によって自分の棲む広く大きな世界から、小さな世界へと移住させられることとなった。

だけど、その世界は平和だった。

彼を脅かす存在もいなかった。

ただただ平和な時間が流れていく。

彼は小さな世界を彷徨った。

仲間はいないが、同じように小さな世界で生きているモノたちはいた。

彼らも敵ではないが、彼の力にも及ばぬほど脆く弱い存在だった。

だが、敵でもない彼らに危害を加える気もなかった。

ある日、彼は小さな世界から抜け出す方法を見つけた。

もしかしたら、その先に元いた世界があるのかも知れない。そうでなかったとしても、この小さな世界の外の世界を見たい。そう考えたのかも知れない。

いずれにしても、彼は小さな世界を抜け出すことにした。

だけど、小さな世界は一度抜け出すと自力では戻れなかった。かの巨大な力が働かない限り、戻ることは叶わない場所にその世界はあった。

飛び出した世界は、広い。ただ広いだけだった。彼の元いた世界に比べれば、微塵ほどの広さではあるが、小さな世界よりは広かった。

でも、その世界は彼の棲む世界とは違いすぎた。

環境があまりにも違いすぎた。

食べるものも見つけられない。水分さえもない。

彼は時間と共に命が削られていると感じていた。

この世界で、自分は生きられない。

力尽きかける命の中でも彼は彷徨った。

そして、彼はある場所へたどり着く。

その場所も外の世界だけれど、そこからは、彼が生まれ育った世界と同じような空が見えた。

同じように太陽が降り注いでいた。

彼はそこで陽の光を浴びながら、動かなくなった。

彼の体は干からびていった。

そして、遠のく意識の中で彼は思った。

自分のことを、そして世界のことを知らなさ過ぎた。と。。。

水槽から脱走したカニ

彼とはカニのことでした。

カニってのは、どうも脱走癖がある。

久しぶりに帰って来た実家の水槽を見たら、カニがいなかった。

大体、エサを入れたら隠れ家から出てくるのに、出てこなかった。

かと言って、水槽内で死んでいたとしたら、分かるが、どこにも見当たらない。

そんなカニが、部屋の窓辺で干からびていた。

その姿を見て、ボクは思うわけだ。

なぜ逃げたのか?

水のない世界で生きられるはずもないのに。

もちろん、カニにそんなことは分からないし、水槽の外に水がないとも思わないだろうし。

さらに、水槽で飼うというエゴが彼を殺したことにも胸が痛む。

「生きる」という本能だけで動物を見るのであれば、水槽の中は天国に近いとも考えられる。

敵もおらず、エサももらえる。繁殖までは保証できないが、生きながらえることはできる。

だけど、カニは逃げた。

カニには魚にない「脚」があるから、自由度も高い。泳ぐことはできなくても、登ることができる。

無知なのに、能力があるが故に、カニは夢を見たのかも知れない。

己を知ることは大切だ。

己を知れば、足ることを知るし、拡張も成長もできる。

カニを見て、ボクは自問自答の大切さを改めて感じた。

まるで哲学者みたいだ。

雑記の最近記事

  1. 夏休み2回目

  2. 遠慮と言い訳

  3. 行動できないをフォローしたい

  4. 検索エンジンからの来訪者

  5. 地道に。でも爆速で。

関連記事

PAGE TOP