1. 思考
  2. 8 view

「自問自答」その効果

ども、あなたのセルフグロースパートナーPOMAです。

ボクの提唱している「自問自答のメソッド」に実際に取り組むことで、あなたはどのような効果が得られるのでしょうか?
今回は、自問自答のメソッドによってもたらされる「効果」についてご紹介します。

結論から言うと、自問自答のメソッドは究極の内省に繋がるので、あなた自身も気付いていなかったあなたの想いなどに気付き、結果として、あなた自身の思考や行動に変化をもたらします。
つまり、あなたの成長を内面から助けることができる、これが自問自答のメソッドです。

そのため、こんな効果があります!と謳ったところで、それは個々人によって変わってしまいます。

例えば、ボクは恋人と復縁できたり、お金のメンタルブロックを外せたり、本当に望む生き方ができるようになってきたりと、多くの効果を得ました。

でも、あなたがボクと同じ悩みを抱えていなければ、効果も変わるでしょう。
なぜなら、、、

  • あなたは、恋人との結婚に関して悩んでいるのかも知れません。これはボクの抱えいてた恋愛の問題とは違います。
  • あなたは、自分の浪費癖に悩んでいるのかも知れません。これはボクの抱えていたお金の問題はとは違います。
  • あなたは、すでに望む生き方をしていて、もっと実現したいと思っているのかも知れません。これはボクの抱えいてた望む生き方の問題はとは違います。

抱える問題が違うのだから、得られる効果も違って当然です。

だったら、あなたの抱えている問題に対して、効果がないのか?と聞かれると、その答えは「NO」です。

自問自答のメソッドは、あなたの内省を深め、あなたの奥底にある願いにも似た想いを見つけるための方法です。
あなたが、その想いに気付いた時、あなたは自分の抱えている問題の原因がどこにあったのかに気付くでしょう。
それは、あなた自身の弱さだったり、過去の経験からの思い込みだったり、凝り固まった思考から抜け出せないことから来ています。

つまり、あなたの抱えている問題の原因は、あなたの根っこにあるのです。

もちろん、根っこに気付いたからと言って、すぐに解決できる問題ばかりではないでしょう。
例えば、あなたが100万円の借金をしているなら、その借金が返せるようになるのか?と聞かれれば、答えは「分かりません」となります。

ただ、自問自答のメソッドによって、あなた自身の考えや行動を変えることができれば、借金を返せるだけの強さをあなたは得られるでしょう。

自問自答のメソッドは、お金を稼ぐ方法でもないし、他人の心を操る方法でもないし、周りを変える方法でもありません。

ですが、この方法は、問題を解決する最も効果的な方法の1つです。そして、この方法は、最もしんどい方法です。

なぜなら、問題を抱えているのは、それを問題だと捉えているあなた自身だからです。

そのあなたが変われば、問題に対する意識が変わります。

意識が変われば、問題を違う側面からも見られるようになるでしょう。
そうすれば、新しい解決策も浮かぶかも知れません。
もしくは、問題の大きさが実は、たいしたことないと感じられるようになるかも知れません。

そうです。
あなた自身が変わることで、問題の受け止め方が変わるから、これまでと同じような思考や行動とは違うアプローチができるようになり、結果として、その問題が怖くなくなるのです。

これまでと同じままのあなたでは、その問題は怖いままでしょう。

自問自答のメソッドは、あなたが怖いと感じ、逃げたいと思う原因をあなた自身で見つける方法なのです。
これは、体験すれば分かりますが、かなりキツイです。自分の嫌な部分が見えたりするからです。
事実、ボクは何度も吐きたくなるような思いをしました。

だから、この方法は最もしんどいと言ったのです。

ですが、あなた自身の捉え方が変われば、問題が怖くなくなるのです。
実際、あなたと同じ問題を抱えても、怖くない人もいるでしょう。
それは、あなたとその人とで、問題に対する捉え方が違うから、怖かったり、怖くなかったりするだけなのです。

怖さを克服するためには、あなた自身があなたの弱さを知らなければいけません。
そして、その弱さを克服するために、あなたが望む、本当のあなたに気付かなければなりません。
あなたが望んでいるあなたなら、その問題を怖いと感じないでしょう。

自問自答のメソッドで得られる効果とは、これまで抱えていた怖さを怖くないと思えるあなたになれることです。

だから、最も効果的な方法ですが、とてもしんどい方法でもあるのです。

思考の最近記事

  1. 感覚の違い

  2. 遠慮と言い訳

  3. 闇から夏の希望へ

  4. 愛情→自信→自由→挑戦→努力

  5. 生きる理由のために我を忘れられるか?

関連記事

PAGE TOP