1. 思考
  2. 7 view

自問自答でボクが得たもの「時間」

このブログで3ヶ月の間、なんぼかの自問自答を繰り返して来た。開始当初ほどの数はないけど、今でも多少は自問自答をしている。

3ヶ月前のボクと今のボク、いったいどこがどう変わっていったのか、、、正直、自分では分からない部分が多いんだけれど、色々と考えてみようと思う。

自分の中で大きいと思うのは、「時間」かな。

それは考え方と言うよりも、元々持っていた時間に対する概念を自分の生活に反映させられつつあるってこと。

ボクは、自分の使えるもので時間だけは有限やと考えてる。

それはつまり、時間=生命やと思ってるから。

ってことで、ボクにとって「この時間に意味があるか?」「生命を削る価値があるか?」ってことが、行動の判断基準になるわけだ。

そう考えると、ほとんどの行動に価値がないのに、自分の時間を浪費していた。生命を無駄に削っていた。

これはあくまでもボクの価値観であり、ボクにとっての価値だから、ボクが「無駄」「無価値」と考えるかどうかだけの話。

だからと言って、相手の時間=生命と考えてるのか?と言われると、それは違う。

そこは、相手が時間に対する価値観をどう考えているか?による。ボクは時間=生命と考えている以上、誰かと共有する時間には、ボクは生命を賭す覚悟でいるが、相手がどう考えているのかなんて関係ないからだ。

ただ、そこで相手との価値観があまりにも合わないと感じれば、以降は価値観の相違が生まれるだろうけど。

前置きが長くなったが、今のボクの生活では、時間のイニシアチブがボクに委ねられているお陰で、だいぶ気楽に生きてられる。

家族や親兄弟と住んでいると、そこが奪われている感が否めなかったし、それがボクにとっては苦痛でしかなかった。

自問自答の結果で言えば、実家から出て得たものはこれが一番大きい。時間だけは価値観が異なる者同士が共存すると、どうしても誰かが犠牲にならざるを得ないのだから、仕方ないんだけれど。

ついで思い浮かぶのは、お金や仕事だろうか。いや、恋愛、、、セックス、、、自己肯定感、、、欲求辺りもか。今のところ、健康への意欲に変化は見られへんし。

ってことで、次はお金以降の話をしよう。

思考の最近記事

  1. 感覚の違い

  2. 遠慮と言い訳

  3. 闇から夏の希望へ

  4. 愛情→自信→自由→挑戦→努力

  5. 生きる理由のために我を忘れられるか?

関連記事

PAGE TOP