1. 思考
  2. 10 view

苦悩するとき、あなたに何ができる?

「なんでこんな風に考えるんや」

「なんでこんなことになるんや」

「なんでこんな目に遭うんや」

そんなことを思う時、誰かを責めるか、自分を責めるか、人はそう考える。

誰かを責めれば、気は楽だけど、解決にはならない。

自分を責めれば、ただただしんどくて、その先に光明は見えない。

どちらの選択も正しくはない。

だけど、せめて自分を救いたいなら前者を選ぶことも多いだろう。

自分を責めたら、かつてのボクのように精神をやられてしまうこともあるから、そうなるくらいなら、誰かを責めた方が良いのかも知れない。

でも、その選択は、繰り返されるだけ。何かある度に人を責めて、現実と向き合わなくなる。

だから、これらの選択では成長はない。前進はない。明るい未来が来ることはないだろう。

だったら、どうすればいい?

それは、第三の選択肢しかない。

起こった現実、今いる現実、感じている現実、そこにいる自分に目を向けるしかない。

「責める」のではなく、「解決しよう」とする。

物事の大半は、自分自身の受け止め方によって180度在り方が変わる。

だから、受け止め方を変えるようにする。

受け止め方を変えるには、自分の思考と向き合わなければいけない。

「なぜあんな風に考えたのか?」

「あんな風に考えるのは、何か理由があるんじゃないか」

「その理由ってなんだ?」

のように、自分の思考を深掘りして行く。

これは、自分の内なる声に耳を傾ける行為だ。

この行為を繰り返すことで、自分が本当に在りたいと願っている姿に近づける。

なぜかと言うと、内なる声は自分が望む願望だからだ。

その願望は、自分の今の姿が乖離しているからこそ聞こえる。

つまり、ある問題に対して、本当の自分なら起こさない、起こしても動じないなど、対処できたはずなのだ。

もしくは、次起こる問題への予防とも言える。

こういう自分であれば、この問題にはこう対処できるだろう。ということだ。

どちらにしても、自分の望む自分であることができれば、問題が問題ではなくなる。

楽に対処もできるし、そもそも起きないかも知れない。

そんな自分になるために、自問自答という方法は正しいアプローチやと思う。

思考の最近記事

  1. 感覚の違い

  2. 遠慮と言い訳

  3. 闇から夏の希望へ

  4. 愛情→自信→自由→挑戦→努力

  5. 生きる理由のために我を忘れられるか?

関連記事

PAGE TOP