1. 雑記
  2. 21 view

孤独のヒーローとケリをつけるので、、、多分しばらくさようなら

例えば、今、誰かが亡くなったとして、お別れを言いたい人って、数えられるほどしかいない。

例えば、今、誰かが結婚するからといって、お祝いを述べたい人って、数えられるほどしかいない。

やけど、求められることもある。

友人、親戚、仕事先、知り合い、色々と付き合いはあるから、それは仕方ない。求められることは仕方ない。

やけど、ボクは数えられる程の人のところにしか赴かない。

お世話になったからとか、仲良くしてたからとか、そんなことではない。

ただ、相手を「今のボクが」好きかどうかだけの話。

好きなら行くし、そうでもないなら、気が向いたら行く。

これを否定したがる人はたくさんいると思うけど、価値観の違いでしかないから、耳を貸すつもりもない。

きっと、そういう人はボクの人格まで否定したくなるかも知れない。どうぞご自由に。

ボクはここに来るまでにも、恩だの感謝だのってたくさん考えて来たし、それに悩まされてきた。

でも、恩や感謝を感じることと、それに対してどういう行動を取ることが正しいのか?なんてのは、千差万別ではないかと思う。

当の本人、例えば、亡くなった人、挙式する人から直接、恩を忘れたのか?とか言われるなら分かる。でも、第三者にそれを言う権利はないと思う。

いや、別に誰も亡くなってないし、結婚もしないんやけどね。

ただ、世の中には他人の人生に口出ししたい人って沢山いるんやろなぁって話。

そういうシガラミが嫌で、ボクのことを99%以上の人が知らない場所へ来た。

ここに自由があるとかそういう訳でもない。

自由かどうかは、ボク自身が決めることやから、場所は問題じゃない。

どこでも生きていける時代やし、幸いボクには何をしても60〜80点は取れる能力はあるし、好きなことなら愚直に続けられる才能もあるから、なんとかなるし、今までもかろうじて生きてこれた。もちろん、周りの助けもあった上で。

だから、ボクは「なんか知らんけど、ツイてる」と思ってる。

でも、その反面、いつも目の前に何らかの壁がある。

その壁に立ち向かう勇気はない。迂回もできない。

退路もない。

さぁ、ここからどうしたものか?と考える。

自分一人で考えても広がらない。

広がらないなりにも、やるしかない。

ボクは、このループにハマる。

やっても上手くいくわけではないのに。

そうであっても、昔から、ボクは人に相談出来ない。

それがなぜはわかってる。

全て自己責任やと思うクセがあるから。そして、相談することは、弱みを見せることやと思うから。カッコつけてるつもりはない。だけど、些細なことでも自分以外の人に頼ることは、迷惑をかけると感じているし、信じてしまっている。

そんな自分がイヤで、そんなことに疲れたから、コンフォートゾーンから抜け出したんやけど、そもそもの性格というか、考え方がそうやから、変わらない。

最近、女神ちゃんが、ボクの中にはまだ何かいると言ってたことがあったけど、きっとそれは、責任を勝手に感じて、一人で背負うというボクのことやと思う。

この自分を手放すことができない。

この「孤独のヒーロー気取り」のボクは、適応障害を作ったボクだ。

コイツとちゃんと向き合わない限り、そのボクを手放さない限り、ボクは変わることはないだろう。

さて、この孤独のヒーロー気取りのボクに、ボクは1日でも早くケリをつけないといけない。

ハッキリと分かる。

コイツはヤバい病んでるw

ここまで長々と書いてるってことは、ボクはこの自分と対話するつもりでいるし、自問自答しようとしてるのに、、、一切答えてくれない。

なぜなら、ボクの人生の大半が「孤独のヒーロー気取り」やったから。

自分の人生を否定することになりかねへんから、扉さえ開けることができひん。。。

こじらせてるなぁ、、、

ココで対応せんと、よろしくないのよ。

ボクは自分のここまで来た経緯を明るいものにしたいし、これから先も笑顔で過ごしたいのよ。

それを一切認めようとしてない自分がいるなんて、ホラーですよ。

ここを超えないと、女神ちゃんとも笑って過ごせへん。

もう二度と、蝕まれたくはない。

あんなしんどい思いをしてて、何も幸せ感じられなくて、全て自分のせいやと思いながら、心の底では世界を妬むなんて、現実逃避以外に解決策があったのか?

そんな自分から逃げるためには、何もかも捨てる以外に、ボクが助かる道があったのか?

今も手探りやけど、それでもボクは自分で幸せつかもうとやって来たのに、ココで諦めるわけにはいかん。

この自分とだけはハッキリとケリをつける。

それまでブログも書けないし、YouTubeも更新しないかも知れないw

それほど、この自分には影響力がある。

なぜなら、このボクはボクを殺そうとしているからだ。いや、自殺したいとかって話じゃないよ。

今のボクを殺して、昔のボクに戻ろうとしてるって話。

コイツとしっかり向き合うのは、ほんまに怖い。

誰かに代わってもらえるなら、そうしたい。

でも、自分しかいない。

自分の問題というか、自分自身の中の人との問題やから、、、

ダークサイドに落ちないことだけを願って、立ち向かおう。。。もし、落ちたら、その時はブログもYouTubeも更新がなくなるから、そう思って欲しい。

いやぁ、、、闇堕ちしてる自分がこんなに怖いとは思ってなかったw

雑記の最近記事

  1. 400記事も書いてたのか

  2. どこまでも自分なんやで

  3. 秋の夜風に吹かれて

  4. お好み焼きはどれだけ手抜いて作れるか

  5. プロ野球観戦して来たよ[中日対広島]

関連記事

PAGE TOP