1. 雑記
  2. 20 view

演舞曲<蓮子<男爵<椰子

タイトルと中身は関係ないのだけれど、個人的には蓮子の思い出が深い。

まぁ、それは置いといて、大事なことってなかなか言い出せないよね。

ゆずの「所沢」の歌詞みたいなんだけど、一番大事なことなのに、一番最後に後回しにしてしまうことってほんとよくある。

こちらが何か言いたげなことを察せられたくなかったりもすると、心ここに在らずみたいにもなるし、大抵気付かれたりするから、逆にカッコ悪いことも多い。

身近な人ならなおさらで、ボクの場合、女神ちゃんには大抵の想いが筒抜けやのに、臆病風に吹かれたり、カッコつけたりで、悪あがきしてるようにしか見えない。

そんなムダな時間使うくらいなら、ムダな気使うくらいなら、サクッと伝えて終わらせる方が効率的なんやけど、これはこれで勇気がいる。

特に、自分の弱い部分とかに関わって来ると、なかなかにハードル高く感じてしまう。

でも、言おうと決めてたことを言えないとしたら、それは自分に嘘をつくことになるよね。やから、そもそも言うしかない。

にも関わらず、言うことが躊躇われるのは、相手の反応を気にするからだ。

こんなこと言ったら、怒らせやしないか?悲しませやしないか?傷付けやしないか?なんて、合ってもない答えが頭をグルグルして、怖気付いてしまう。

やけど、言わない方が余計に怒らせるし、悲しませるし、傷付ける結果となる。

相手には「何が言いたいか」までは分からない場合でも「何か言いたい」ということは伝わってしまうのだから、後の祭りになる前に、話したい相手には伝えるべきだろう。

カッコつける必要もないし、虚勢もいらない。自由に生きたいのなら、自分の想いを言葉で伝えることは、とても大事だ。

言い出しにくいことこそ、気軽に気楽に言えるようにならないとね。

関連記事

有料記事が読みたいあなたへ

このブログの有料記事を読まれたいあなたは、
こちら
から有料会員登録をしていただければ、毎月パスワードが届きます。 パスワードは、月ごとに変わりますので、ご注意ください。




有料会員について

PAGE TOP