1. 雑記
  2. 8 view

自由とは神輿

自由ってのも色々難しいというか、やっぱりどこかでブレーキがかかったり、フィルタリングしてたりするもの。

大概、というか常識ハズレに自由になりつつあるし、ハタから見たらすでに自由気ままに映るであろうボクでさえも、まだまだアンチェインとは行かない。

行動的にはそうしてるつもりでも、まだまだ精神的に足枷があったりする。ということ。

その理由は、そもそも自由の定義が曖昧というか、中途半端ことで、こんな風になるんやなと気付いたので、自由の(ボクなりの)定義をしておかなければいけないようだ。

自由の成り立ちは調べてないが、漢字から見るに、自己の理由に則ることを自由と呼ぶのだと定義をしてみよう。

自己の理由。つまり、我が儘であるということだ。我が心の赴くままに行動することを自由と呼び、その積み重ねの先に自信、つまり強さも生まれる。

もちろん、法治国家の日本においては、法のもとに許された範囲である。

では、ボクにとって、我が心の赴くままとはなんだろうか?

いや、ボクにとってと言うよりも、これは誰しもにとってなんだが、それは「やりたいことをやる」「やりたくないことはしない」に尽きる。

つまり、本当に生きたいように生きることが、自由である。と、まとめると抽象的になるから、困惑するんだろうな。

やりたくないことはしない。と言っても、納得のできる範囲に昇華できれば、やればいいと思う。

それは、やりたくないこともやっても良いと思うためには、条件を付ければ許容できることもあるってことだ。

逆を言えば、そこまでワガママになれなければ、自由ではないと言える。

だから、ボクは自由を望み、自由であろうともがいているのに、どこかでブレーキしたり、フィルタリングしている。

自分の生きたいように生きることというのは、誰かに迷惑もかけるし、誰かに縛られもしないし、誰の目も気にしないということだ。

まさに、天上天下唯我独尊で生きることを自由と呼ぶ。

ただし、この生き方の先には、幸せがなければいけないし、楽しくなければいけないし、さらには優しくなければいけないし、愛を持たなければいけないし、感謝がなければいけない。

それらがなければ、その生き方は、自由ではなく、独りよがりでしかない。

だからこそ、自分が楽しいと思える生き方を最優先で選ぶ。自分が行きたい方向で、生きたいと思う生き方をする。

それが自由だ。

だから、ボクの自由もここからアップデートしよう。

もっとワガママになってイイ。唯我独尊。あなたという神輿の上でこそ、ボクは輝ける。さぁ、皆の衆、ボクを担ぎ、崇め、奉ろう。

神輿、みこし、354。これは、ボクの車のナンバーの隠された意味。ボクが自由になるためのヒントの暗示やったようだ。

関連記事

有料記事が読みたいあなたへ

このブログの有料記事を読まれたいあなたは、
こちら
から有料会員登録をしていただければ、毎月パスワードが届きます。 パスワードは、月ごとに変わりますので、ご注意ください。




有料会員について

PAGE TOP