1. 雑記
  2. 21 view

間違いから手放すものもある

自分だけは大丈夫と思うことって色々ある。

例えば、今で言えば「自分はコロナにかからない」なんて、根拠もなく大丈夫、自分は特別だと思っていることがある。

まぁ、そう思うことは個々人の勝手だからいいんだけれど、その事で、誰かに迷惑をかけたり、不快な思いをさせるんやとすれば、それは思い上がり、傲慢、自惚れが過ぎると言えるだろう。

人は誰しも自分は正しい、間違っていないと思いたがるし、間違いを認めようともしない。なんなら間違っていることにさえ気付いてない人も多いだろう。

別に気付かなくてもいいし、周りが気付いたところで指摘する意味もない。

本人が気付き、反省し、なぜ間違ったのかを本質的に理解しなければ、成長しないからだ。

ボク自身、なぜ間違ってしまうのかを理解出来ていないことがたくさんある。それら一つ一つと向き合って、それぞれ克服していかなければ、成長はない。

ってことで、ここで一つ考えておく。

ボクは仕事のスピードにムラがある。単純にいえば、気乗りする仕事はすぐ終わらせてしまう。逆に気乗りしなければ、納期ギリギリまで取り組みたくない。

気乗りするかしないかの差はなんだろうか。

楽しめるかどうかはある。自分にとって得るものがあるかどうかもある。

仕事だからお金を得られたらいいじゃないかというのも分かるんやけど、自分のために目的を持たないと「やりたくない」って思ってしまう。お金がダメなわけではなくて、その目的がお金になるなら、それでもいい。

ようは、何のために仕事をしてるのか?その目的が自分に納得が行くものなら、なんでもいいわけだ。

それを持てない仕事たちなら、もう手放すことも仕方ないだろう。

手元にあるものを手放すのはシンドいし、怖いけれど、間違ってしまうことにも深層心理が働いているのなら、それを素直に認めることも必要だろうし、そこに努力をしても無理なら諦めるしかない。

そう思うと、手放すものはたくさんある。

少しずつとは言わず、身辺整理を考えて行かなくては、、、もう5月やしね。

雑記の最近記事

  1. 「仲間がいるよ」

  2. 世間知らず

  3. ボクたちは希望が欲しい

  4. あくびとタバコは酸素欲?

  5. 小さなことからコツコツと。コツコツと丁寧な仕事。

関連記事

PAGE TOP