1. 雑記
  2. 13 view

信長コンチェルトって、現実なら怖いよね

愛知方面に行く時は、高速なら新名神、下道でも東近江(永源寺)から三重に抜けるんやけど、今日は時間があったから、のんびり岐阜から行こうかと、彦根→米原→関ヶ原と抜けて行った。

関ヶ原は言わずもがな、天下分け目の大合戦があった場所で、徳川家康が天下統一に王手をかけた大戦なので、家康に縁を感じるボクとしても捨ておきがたい地域やけど、今のところ観光する気にはなれない。

戦の詳細は知らないし、どれほど大きな戦いやったのかもあんまり知識はないけれど、関ヶ原が天下分け目の場所やったことは確か。

関東関西も関ヶ原の東と西って意味やと思うと、それほど重要なポイントやったわけで、、、

関ヶ原を車で走ることは初めてではない。

彦根にいた頃にも高速含めれば、何度も通ったし、下道でも1〜2回は通っている。

ただ、今回は知らない道を走った。

ナビの仰せのままではあったけれど、ボーッと運転してて、直進するつもりが、ナビが右折を案内するもんやから、慌てて曲がったら、そこは「戦国ロード」なんて銘打たれてる道やった。

にわかな歴史付きとしても、感慨深いなんて思ってた。小早川陣営跡とかって看板に「おぉー」とか胸も踊った。

が、眼前に広がる景色に、そんな胸の高鳴りは失せた。

一見、単なる山間の道。

やけど、今日は天候も相まって、うっすらと霧かがり、山の麓まで雲がかかっている。

この雰囲気は、、、そう、まるで左右の森林から雑兵か騎馬隊が現れそうな、、、アスファルトの車道が濃霧に覆われて、その先から舗装されていない山道に変わりそうな、そんな雰囲気やった。

ごめん、夕暮れ前とは言え、正直怖いんですけど、、、

リアル信長コンチェルトなんて想像したら、怖すぎるんですけど、、、

もちろん、架空、フィクションやけど、この雰囲気の中で、起こり得ないことが起こり得ると感じないやつがいるだろうか?

少なくとも、自分で言うのもなんだが、感受性豊かなボクにはこの雰囲気は荘厳、、、されど、畏怖すら覚えるほどの雰囲気だ。

あの霧の向こうから、安土桃山時代の誰かが出てきても違和感がないくらいの場所だ。

なんだ関ヶ原?

いや、ここにもいずれは来なくてはならないとは思う。

思うけれども、その時は、せめて晴天を選ぼう。

関ヶ原、、、恐れ入りました。

雑記の最近記事

  1. 夏休み2回目

  2. 遠慮と言い訳

  3. 行動できないをフォローしたい

  4. 検索エンジンからの来訪者

  5. 地道に。でも爆速で。

関連記事

PAGE TOP