1. 雑記
  2. 5 view

実務経験がなくて一歩踏み出せないあなたへ

別に誰にあてた記事でもないんだけれど、、、

新しいことを始めようとする時、経験がないと自信もないし、誰からも相手にされない。なんて思うことがある。

いわゆる、実務経験のあるなしに左右されるんやないかと。

でも、始めたばかりで実務経験なんなあるわけないのに、そこでビビってたら、前には進めない。

まぁ、それはそれで諦めたらイイんやけど、諦められないくらいに本気なら、前に進むしかない。

実務経験なんてのは、0→1で積む以外に方法はない。

同じ畑で仕事してたなら、そもそも悩むこともないだろうけど、違う畑に行くとなると、一歩目は腹を括る以外に何ができる?

腹を括れない理由はさまざまあるやろうけど、大抵の場合は、成果への不安と請求への責任の2つ。と言うか、この2つは根幹は同じ。

成果への不安は、そのまんま。初めてのことやから、成果を出せるのか不安ってこと。

請求への責任は、お金をもらうことへの恐怖と、成果への不安の2つを含む。

ようは、怖いんだ。

わかる。ボクもたくさん色んなことに手を出しているから、はじめの一歩の怖さはわかる。

最初からお金をもらおうとしたら、クライアントが来ないとかザラだ。だけど、ボクはもはやそんなことは、別に気にしない。

まぁ、そんなことよりも、先ほどの、成果への不安と請求への責任の話しだ。

実は、この2つを一気に解決する方法がある。

方法は至ってシンプル。

無料でやらせてくださいとお願いする。なんなら、お金払うからやらせてらくださいと懇願する。

はい、これで無事解決するね。

ようは、まずは自分がお高く止まってることに気付いて、謙虚になることだ。不安とか怖いとかってのは、できるという過信があって、その過信が自信じゃないから生まれる感情。

技術とか能力に過信してるってことだな。

ただ、経験がないってことも分かってるから、そのジレンマに不安な怖さが入り込んでくる。

だったら、経験も実績も積むことを優先すればいい。

そのことに謙虚に向き合えば、無料なりこちらが払うなりって結論に至る。

常套手段やけど、やりたがらないから、やったもん勝ちな手法。

サプリのお試しとかって大体そういうことよね。

あれを継続してやってるから、成長できる。もちろん、商品やサービスのクオリティも必要やけど、そこに自信があるなら、実務経験云々の前に無料お試しか、お金払ってでも経験を積むことをやってみるのがいいと思う。

関連記事

有料記事が読みたいあなたへ

このブログの有料記事を読まれたいあなたは、
こちら
から有料会員登録をしていただければ、毎月パスワードが届きます。 パスワードは、月ごとに変わりますので、ご注意ください。




有料会員について

PAGE TOP