1. 雑記
  2. 11 view

【悲報】あなたでは、こぉじの中の人に会うことができない理由

ブログや日々の自問自答を通じて、本当の自分を見つけては、その自分を表に出せるようになっているから、最近はどこにいても未知の不安みたいなものを感じなくなっている。

それは本当にありがたいことで、不安がないから、行動も素早く起こせるし、素早くなったから、行動量も増えてる。何も仕事だけではなくて、日々の活動量全体が増えた。思考も含めて。

お陰で、楽に生きてられるし、飾ることもなくなった。昨日の記事にも書いたけど、あの頃のボクと最近のボクとをYouTubeで見比べたら、一目瞭然で違う人だ。自分で観て吐き気がするほどに、過去の自分は目がくすんでいた。

だから、今のボクは自分らしくあるし、素直なボクで生きていると感じられたんだけど、本当のボクとあなたが出会うことはない。

それは、読者と筆者だからって意味ではない。たとえリアルで会ったとしても、本当のボクとは出会えない。

だったら、自分らしくあって、素直に生きてるボクと、本当のボクとは違うのか?まだウソをついてるのか?ってことになるんだけれど、そうじゃない。

人は誰しも自分を演じている。演じている中で、さらに自分をこじらせてしまうから、自分を見失い、見失ってる自分を自分のままやと思って生きるから、歪んでしまう。

ボクはその歪みを直すことで、自分らしさと素直さを手に入れた。

だけど、それは対外的にウソを付かずに生きているってことに過ぎなくて、その生き方そのものがボクなわけではない。

そう、生き様とボクの個性は、別なのだ。

そして、ボクは個性を使い分ける。これはボクだけの話ではない。みんなそうやって生きている。

さっき言ったみたいに、人は誰しも何かを演じて生きているのだ。

子どもの前ではパパだし、親の前では子どもだ。兄弟の前では兄だし、クライアントの前ではマーケターやアドバイザーだったりするわけだ。どれもボクであり、そこにウソはない。

ボク自身、その自分に違和感はない。これまでムリしていた部分をムリしなくなった分、余計に演じやすくなった。

つまり、ボクのまま演じているのが今。相手の望むボクであろうとムリして演じてたのが過去。その違いが大きいってことだ。

伝わってるだろうか?

他人と触れ合うとき、そこはもうステージになるから、生きていくには演じる以外にない。

だけど、楽屋はある。ボクにとって、それは一人でいるときや、子どもだけと触れ合ってるとき。そこでは、演じていない。本当のボクがそこにいる。

他人の存在が一切関与しない空間にしか、本当のボクはいない。

では、本当のボクってなんだろう?

それは、子ども心のままのボク。

喜怒哀楽を素直に表現できて、ワガママも言うし、駄々もこねる、泣きもするし、落ち込みもするし、嬉しければ踊るかも知れないし、楽しければ歌い出すかも知れない、それら全てを隠そうともせずに、表に出す。自分を自然のままに表現できるボクだ。

だけど、そんなボクは楽屋にしかいない。

今まで、どこにいててもボクはいつもステージだったから、そんな自分に疲れていた。そう思えば、色んなことにも納得がいく。

だから、ボクは自由を求めた。そして、もうすぐ自由になれる。日常を楽屋で過ごせるのだ。

そんな本当のボクが、ステージに現れることはないだろう。だから、あなたと出会うこともないってことだ。

ボクから楽屋の扉を開けて、本当のボクが顔をのぞかせるのは、子どもを除けば、一人だけ。やがて、楽屋にお邪魔してもらう日も来るだろう。

ボクはその日が1日でも早く来るように、建て付けの悪くなった扉を改修しているところだ。

もしかしたら、そこにはまだ、自分さえも気付いていない自分がいるかも知れない。この扉の改修はいつ終わるかな?

雑記の最近記事

  1. 夏休み2回目

  2. 遠慮と言い訳

  3. 行動できないをフォローしたい

  4. 検索エンジンからの来訪者

  5. 地道に。でも爆速で。

関連記事

PAGE TOP