1. 雑記
  2. 10 view

夢から自分の変化に気付く

ふと気づくと、ボクは廊下に立っていて、目の前には扉があった。扉には縦長のガラス窓があって、その向こうに女性が横たわっていた。

これは、ボクの夢の話だ。

女性は女神ちゃんなんだけど、夢の中では「誰」という認識はなく、ただ「この女性を助けな」という思いだけで、見つめていた。

扉には鍵がかかっていたのだろう。ドアノブを確かめることもなく、そう感じていた。

ガラスの向こうの女性は何か苦しんでいる様子だった。横たわっていたと書いたけど、実際にはうつ伏せで、立ち上がろうともがいているようだった。ガラス越しに、お互いの存在は認知しているのに、会話を交わすこともなく、ボクはただ彼女を見ていた。

ボクのいる廊下の奥には別の部屋があって、そこでは複数の男性たちが談笑している。彼らもドアの向こうにいる女性を知っている風だが、誰も気に留めていないようだった。

一人の男性は、ボクと同じように一瞬だけ覗いて、すぐに部屋に戻り談笑を始めた。

「なんやこいつら」と思ったけれど、ボクはとにかく彼女を救けなければならない。

女性のいる部屋の奥にも2つ扉があったけれど、彼女はどうやらそこから、ようやくここまでたどり着いたような感じだった。部屋に戻る様子もない。

夢だから、何がどうなったのかは分からないけれど、次の瞬間、ボクは彼女の部屋へ向かうためにか、とにかく彼女を救うために、階段を四階、五階と登っていた。

そこからどうやって彼女を助けられたのか、果たして助けられたのか、そこから先は覚えていないし、そこで目が覚めたのかも知れない。

なんとも不思議な夢にだった。

きっと、ボクはこれから女神ちゃんを救ける側になるのだろう。これまでたくさん救けてもらって、ようやくそのフェーズに来たんだと思う。

ここからは、ボクが女神ちゃんを救ける。

関連記事

有料記事が読みたいあなたへ

このブログの有料記事を読まれたいあなたは、
こちら
から有料会員登録をしていただければ、毎月パスワードが届きます。 パスワードは、月ごとに変わりますので、ご注意ください。




有料会員について

PAGE TOP