1. 趣味
  2. 15 view

馬と鹿:米津玄師【歌詞に学ぶ】

馬と鹿、つまりバカ。ってことで、バカに学んでみよう!では行く!!

馬と鹿:米津玄師

歪んで傷だらけの春
麻酔も打たずに歩いた
体の奥底で響く
生き足りないと強く

馬と鹿:米津玄師

まぁ、自分の弱さを隠して生きてたら、こういう状態になるよね。心は歪むし、傷だらけでボロボロにもなるし、でも気付かぬふりして、歩き続けてる。バカですね。
それでも、歩き続けるのは、「生きたい」「もっと違う生き方をしたい」って本当の自分が求めているからなんでしょう。ボクもバカなので、身に染みる歌詞です。

ひとつひとつ無くした果てに
ようやく残ったもの

馬と鹿:米津玄師

自分を傷つけてきたもの、それは他ならぬ自分自身なんですが、そんな弱い自分をひとつひとつ捨てていく。すべて捨てきった後、それでも残っているものがあるんですよね。ボクもそれだけを残そうと思ってやっきになってましたが、今はまた違う考えです。でも、捨てられるものは捨てればいいし、自分にとって不要でなければ、残せばいいだけの話なんです。

これが愛じゃなければ何と呼ぶのか
僕は知らなかった
呼べよ花の名前をただひとつだけ

馬と鹿:米津玄師

残されたもの、それは「愛」だと信じたい。そして、そのたったひとつだけの愛の名前を呼べばいい。それも喉が体が魂が張り裂けるくらいに呼べばいい。それがたったひとつの真実なのだと思います。

そのくせ影をばら撒いた
気づいて欲しかった

馬と鹿:米津玄師

自分と向き合ってる時には、鬱にもなるし、寂しくもなるし、救けてほしいと願います。だから、シグナルも発してしまう。自分はしんどいんだと。苦しいんだと。それでも、前に進むしかない。自分の中にあるものを捨てられるのは、自分しかいないからね。

逸る胸に尋ねる言葉
終わるにはまだ早いだろう

馬と鹿:米津玄師

砂を噛みしめるほどに苦しくても、しんどくても、まだそこで終わったらダメなんです。まだまだ苦しみ、もがかなかければいけません。でも、「終わるにはまだ早い」という覚悟があれば大丈夫。また一歩ずつ先へ進めます。

あまりにくだらない願いが消えない

馬と鹿:米津玄師

くだらないなんて自嘲してますが、これは「生きたい」ってことでしょう。そして、「君と生きたい」そういう願いだとボクは解釈しています。ってことで、ピックアップしながら、ボクなりの解釈を述べてみました。

馬と鹿:米津玄師から学んだこと

えぇ曲なんですが、最初は歌詞とタイトルの関係性が理解できませんでした。今のボクやから分かったんでしょう。ボクもバカやと気付いたからです(笑

なので、この曲を取り上げたんですけどね。今と言っても書いてるのは4月1日なので、公開されてる頃には、「ほんと大馬鹿やったなぁ」となってるかも知れません。何にしても、今日までのボクを垣間見てるような歌詞やなぁと感じました。

ちなみに、ボクが馬と鹿で一番好きな歌詞は取り上げていなかったのですが、、、

君じゃなきゃダメだと

馬と鹿:米津玄師

ここですね。一番叫ぶところ。うん、これ大事なんですよ。これくらい強い思いが必要なんですよ。成長するにしても、生きるにしてもね。ここの「君」というのは、好きな人でもいい、愛している人でもいい、そして自分でもいいんです。
自分だろうと、相手だろうと、誰か一人を強く思いながら、生きることはとても力になるから、大事なんです。まぁ、これっぽっちも自分以外に向かないのは危ないでしょうけど、、、

趣味の最近記事

  1. 【名古屋飯】あつた蓬莱軒本店で元祖ひつまぶしを食す

  2. 濃厚味噌ラーメン 北のれん本店で濃厚味噌ラーメンを食す!

  3. アニメ【蜘蛛ですが、なにか?】1話「転生、異世界?」を観て

  4. 魯珈(ROKA)のスパイシーチキンカレーラーメン

  5. 釣った魚を飼育してて思うこと

関連記事

PAGE TOP