1. 思考
  2. 8 view

動く量と動く幅で人生も動き出す

行動量が大事なのは確かにそうだけど、ボクは動く幅、動く大きさとでも言うのか、そっちも大事だと思う。むしろ、量だけで変えられることは、案外小さな変化で、大きな変化は動く幅かなと。大きく動くと、人生も変わるし、その分行動量を増やさないと、人生が壊れるから、幅からのアプローチも悪くないと思う。

動く幅ってのは、自分のいる環境、それはいわゆるコンフォートゾーンからの脱却だ。

コンフォートゾーンってのは、快適な空間だ。つまり、今自分のいる環境のこと。

今いる環境に満足しているならそれでもいいかも知れない。でも、今いるコンフォートゾーンにさえ違和感を覚えるなら、もしくは、ボクのようにそこがコンフォートゾーンだと思えないなら、脱却するしかない。そうなると、動く幅を大きくすることになる。

ただ、そのときはそれ相応の勇気や覚悟もいるから、簡単じゃないけどね。

でも、コンフォートゾーンから脱却できるならやる価値はあるだろう?

もし、あなたがそこに怖さを感じたり、後から後悔することがあるとしたならば、それは本当の自分を把握仕切れていない。もしくは、本当の自分を信じられるほどの強い気付きを得ていない。そのどちらかだ。

自分を見つめ直す、整理するみたいなことをしてる人は多いみたいだが、カッコだけで満足してるから、また苦しむ。

コンフォートゾーンを出ることってのは、それしきのことじゃムリだ。

ボクの自問自答は、気付くためだけれど、本日はそこじゃない。

ボクの自問自答の本質は、自己の否定と肯定にある。

わかるかな?

自分を否定してあげることのしんどさ。見つめ直すだけじゃないんだ。まずは、お前は間違っていたと否定しなければならない。

その上で肯定しないと、いきなり肯定してるから、間違った自分は、間違いを肯定されてると思うわけだ。いやいや、間違いは間違いだから、嘘は嘘だから。バカなの?

過去の自分にしろ、偽りの今の自分にしろ、間違ってるなら、否定。否定って言葉が強く感じるなら、指摘でもいい。ちゃんと指摘してあげろ。

「それは間違ってるよね。だって、こうなっているのは、それが原因じゃない?原因から、こうなってこうなってるから、こうなったんだよ」って、教えてあげてくれ。

その上ではじめて、「だけど、もう大丈夫だよ」って、その偽りの自分を肯定しなければ、間違いに気付かずに、本当の自分を知っただけになる。え?隣に間違ったままの自分おるで???

自問自答を正しく行えば、そんなことも減るだろう。

そうすれば、行動量も行動幅も増やせる自分に気付くばすだ。

気付いたなら、正しい自問自答をした証拠。

自問自答の成果や実感は、目には見えない。だけど、確実に自分の中での変化には気付けるだろう。

量も幅も増やす。これ以外に人生を成長に向かって変化させる術はないだろう。ボクは知らない。

自分が正しいと思うことは捨てて、今一度、自分を見つめ直してみてはいかがだろうか?言い訳なんて知らないし、傷の舐め合いなんかしたくない。

行動できないのは、己自身への不安故か、誰かに責任転嫁したい弱さの表れだろうね。

何にしても、コンフォートゾーンに気づいてない人も多いから、まずはそこがコンフォートゾーンかどうかから感じてみてくだされ〜

関連記事

有料記事が読みたいあなたへ

このブログの有料記事を読まれたいあなたは、
こちら
から有料会員登録をしていただければ、毎月パスワードが届きます。 パスワードは、月ごとに変わりますので、ご注意ください。




有料会員について

PAGE TOP