1. 11 view

解放的な場所で、我が性欲について真面目に考えてみたが背徳感はない。

昼間っから性について考える。まぁ、自然の中でお金について考えてるくらいやから、そこで性について考えてしまうのは、自然な流れ、人の性(さが)ってもんだ。

人にはそれぞれ好きな体位があると思う。正常位、騎乗位、バックとか、まぁ四十八手と言われるくらいたくさんあるが、ボクは体位の名前は詳しく分からない。

で、今回はボクがなんでその体位が好きなのか?を考える。これはあえて有料記事ではないが、興味深い内容だろう。

ボクの好きな体位は、騎乗位だ。背面もどちらも好きだけど、やっぱり相手の表情は見たい。背面の場合はバックと似てるよね。

ようは上に乗られることが好きなんだけど、この時は乗られてることに興奮するわけではない。

ボクは騎乗位をするなら、自分ではなく相手に動いて欲しい。

なぜなら、相手が欲に忠実になってると感じられるからだ。自分が気持ち良くなる為に動くのだから、欲望に忠実だと言える。

そんな相手を見て、相手のありのままを感じられらるから、騎乗位が好きなわけだ。

Sっ気と言えばそうなんだろう。自分の上でよがられてるのを見て悦に浸ってるんだから。

ただ、これだけでは深掘りになってないので、もう少し考えよう。

正常位やバックは、こちらにイニシアチブがあるし、支配欲が満たされると思う。特にバックはその気が強い。これは、背面騎乗位でも感じる。

逆に騎乗位は相手主導。支配されてる側になる。

ここに欲情してないのだろうか?

つまり、打って変わってMっ気はないのだろうか?両側面が入り混じるからこそ、騎乗位が好きってことはないか?

ないとも言い切れない自分がいるなぁ。

あぁ、分かった気がする。

ボクは性欲と理性が隣り合わせでいる時が多い。下半身は興奮してるのに、ボク自身はそうじゃないって時がある。これは、多分理性が強くて、性欲に真面目になるまでのタイムラグがあるってことだ。

だから、騎乗位で相手を見て悦ぶボクは理性側だから、Sで下半身はM、、、なんやこの関係(笑)ってことは、性については本質的にMなんか???いや、、、むしろ逆なのか?

相手を見て悦ぶのは下半身であって、理性ではない。つまり、理性のボクは上に乗られることで支配されたい。こっちか。

となると、ボクが性欲に真面目になったら、Sっ気なのね。さてさて、この理性のタガもそろそろ外していかないと。理性ってのも恋愛では邪魔するからなぁ。ここもまた深掘りポイントか。

こんなに気持ちの良い場所で、自分の性癖についてブログを書いてる理性のボクは、やはりMなんだろう(笑)

関連記事

有料記事が読みたいあなたへ

このブログの有料記事を読まれたいあなたは、
こちら
から有料会員登録をしていただければ、毎月パスワードが届きます。 パスワードは、月ごとに変わりますので、ご注意ください。




有料会員について

PAGE TOP