1. お金
  2. 10 view

現金を受け取る覚悟はあるか?

商売をしていると、まとまった売上をもらうこともある。だけど、ボクは100万単位の仕事を受けたことはもちろん、50万以上の仕事も請け負ったことはない。

金額の多寡は、その仕事の質の高さも意味をするから、まだそこまでの質を提供する覚悟がないということだ。

ただ、今は覚悟は特に要らないのでは?とも思っている。それよりも、自分の価値が数字に現れるから、自分で価値を低く見積もってるだけやなと。

だから、覚悟は見積もりを出した時点で決まるはずだ。

なんだけど、ここで出した見積額が仮に100万だとして、それを支払ってもらったとしよう。

通帳の残高が増えることで、それを確認するわけだけど、それはいつものことだ。きっと100万増えても喜び、実感はするけど、慣れると思う。

ただ、これを現金で受け取るとしたら、どうだろうか?

200万くらいまでなら、その厚みは知っている。重みも味わった。ただ、それを自分の仕事の対価としてもらうと考えると、自分の価値に不安を覚えるんじゃないだろうか?

借金なら返せばいいから、怖さはない。だけど、対価は違う。自分の価値だ。もちろん仕事で返すことにはなるんだが、現金でそれを見せつけられると、今のボクは、まだ不安になりそうな気がする。

何に不安を感じるのだろう?想像の話とは言え、ズンと来る。。。

お金自体は道具だと認識している。紙切れでしかない。だから、それを受け取ることの怖さではない。お金に込められた感謝も受け取れる。

自分への価値?仮に100万請求する場合、原価としては30万〜60万ってとこだろうか、、、そこに付加価値を乗せる。原価と言っても、物販ではないから、そこが作業料ってとこだな。1.5倍〜3倍の価値を乗せる。

それはあるかも知れないな、、、これまでは作業料だけをもらって来ていたから。ただ、最近は少し価値も上乗せしてるんだけど、まだ金額がデカいと怖いか。

特に現金ならそう思うだろうな。

まぁ、それでもこれからは受け取っていく。なぜなら、それはボクに対する投資だ。対価であっても、投資だ。そのお金でボクはさらに価値を上げればいい。

そうやって価値をあげ続けて、相手にはその対価以上の価値を返せばいい。そう、ボクからあなたへの価値のお返しは、倍返しだ!!

これからは自分の価値にとらわれないようにしておこう。それが不安を産む。ボクの価値はボクがボクであること。それを突き詰める。

お金の最近記事

  1. ただお金が欲しいんですが何か?

  2. 自分で付加価値を蔑ろにしちゃいけないよね

  3. お金とは一体なんなのか?

  4. 現金を受け取る覚悟はあるか?

  5. お金がやって来た!ヤァヤァヤァ

関連記事

PAGE TOP