1. 思考
  2. 8 view

ボクは誰に好かれたいのか?それを明確にしておこう

さっきの記事で、ボクは自分を最優先にして生きることに気付き、そうすることにした。

その中でも触れたけれど、ボクが好きな人がボクを好きなら構う。ボクが嫌いな人はボクを好きでもポイするとそんなことを書いた。では、ボクは誰に好かれたいのだろうか?

ボクは誰に好かれたいのか?

ボクに好きな人がいることは周知の事実だろうけど、ボクは彼女に好かれたいと思っている。いや、恋人に戻りたいと思っている。だから、このブログを始めたし、お陰で色々と気付くことができている。

なんだけど、これは間違っている。ボクは復縁がしたいからこのブログを始めたわけじゃない。本当の自分を知って、本当の自分として生きていきたいから、こうして毎日ブログを書いている。

そこに彼女の存在が大きく影響していることは間違いない。それは、ボクのことを信じて支えてくれている彼女の愛ゆえであり、彼女の好意ゆえだ。好意と言っても恋とは違う。

だから、ボクはただそれを素直に受け取り、そこからまた本当の自分を見つければいい。それを繰り返すだけでいい。別にその先に何があるのかなんて、今考えても仕方ないし、期待しても意味がない。未来とか期待を考えると、動きが鈍る。それではダメだ。何も考えずに、感じたままに動いていればそれでいい。

変に彼女に好かれようとするな。まずは、自分最優先。ワガママになれ。自分を殺すな。自分がしたいと思えばそれをする。冒頭で紹介した記事でも書いたルフィのように、オレが好きだからついてこい。くらいのつもりで自分を信じろ。そして、強くなれ。

だったら、自分を最優先にして生きるために、ボクは誰に好かれたいのだろうか?

そもそも、好かれたい相手ってのは、ボクに必要なのだろうか?好かれたい相手に好きになってもらうために、自分に嘘をつくことはないだろうか?だって、自分を最優先に生きれなくなるかも知れない。

ボクが本当にしたいと望むことなら、それは許す。だけど、そうでないなら、嘘をつく前にやめるべきだ。

で、ボクが自分を最優先に生きるために必要なものって何だ?それは自由だ。

ってことは、ボクが自由に生きること、自由に生きているボクが好きだと言ってくれる人にボクは好かれたい。それは、ボクが自分に正直に生きていることになる。

そして、ボクが好きな女性は、自分に正直な人が好きだと何度も教えてくれている。うん。だから、そういうことだ。

ボクが好きになった女性のことを好きになって当然だったことが分かったので、もうこの記事は終わる(笑)

思考の最近記事

  1. 感覚の違い

  2. 遠慮と言い訳

  3. 闇から夏の希望へ

  4. 愛情→自信→自由→挑戦→努力

  5. 生きる理由のために我を忘れられるか?

関連記事

PAGE TOP