1. 思考
  2. 10 view

いつも寂しかった自分がいた

性欲関連の話でも色々書いたんだけど、ボクはこないだまではやっぱり寂しかったんだろうなと気付いたことがあった。超短い記事だけど、とりあえず、書いてみよう。

いつも寂しかった

孤独だとは言わないまでも、一人であると思っていた。今は実家に住んでいるから親兄弟もいるけど、何度も書いてるように、ボクは自由を求めている人だから、親兄弟が何人いようが、寂しさを紛らわす相手にはならない。

だから、友だちが遊びに来てくれたり、親戚が遊びに来てくれたりすると、やっぱり嬉しい。

実際に会いに来なくても、電話でもそうだ。

だけど、昨夜異変に気付いた。

毎月のように顔を合わせていた親戚がいるんだけど、今年に入ってからは1月にボクが遊びに行ったっきり、コロナのこともあって会えてなかった。その間、ボクも彼女ができたり、仕事が忙しかったりもあったので、それはそれでよかったんだけど、今月は久しぶりに来る予定がたった。

それもあって、少し電話で話していた。んで、5分くらいで電話を切ったんだけど、その時だ。

「あれ?いつもならこういう電話切るの名残惜しいって思ってたのに」

と感じた。そう、なんだか分からないけれど、ボクは友だちや親戚のように仲の良い人との電話を切ることが、どことなく寂しかったようだ。だから、切る直前には名残惜しさを感じていた。

それが、なくなった。

そのことに気付いて、「あ、もうオレの中のオレは、寂しくないやな」と理解した。

そう、このブログで色々と吐き出している内に、自分の中にあった寂しさなども消えていたようだ。

もう電話は、ガンガン切れる。たったひとつの例外を除いて。

関連記事

有料記事が読みたいあなたへ

このブログの有料記事を読まれたいあなたは、
こちら
から有料会員登録をしていただければ、毎月パスワードが届きます。 パスワードは、月ごとに変わりますので、ご注意ください。




有料会員について

PAGE TOP