1. 雑記
  2. 12 view

成長と鬱を繰り返す記事を書く理由

このブログを書き始めたことで、ボクはずいぶんと自分の中にある気付かなかった自分、見て見ぬ振りしていた自分と向き合っている。お陰で、少しずつ心も欲もコントロールできるようになってるし、不安の原因などにも気付くことが増えた。

だけど、毎日毎日こんなことをしているから、毎日毎日鬱になる。しんどいんだから仕方ない。

成長と鬱を繰り返す

鬱がしんどいとだけ書けば「そりゃそうやろ」と思われるだろうが、ごめん。ボクは毎日楽しい。鬱になることさえ楽しいと考えられるようになってしまった。

ボクが鬱になるのは、見たくない部分を見ているからで、傷をエグッているんだから、鬱くらいになる。ってか、鬱にくらいならせろ。鬱ってる時は、何が原因なのか?ってことは明確に分かっていない。ただ気分が暗鬱とするだけだ。だけど、そこから記事を書き終えて行くと、別に夜中には忘れている。

まぁ、あれだ「鬱でなければ仕事じゃない」みたいな本が昔あったと思うんだけれど、そういうことだ。

で、このブログは記事の中で、自分なりの答えをいつも見つけるから、書き終えると成長できた気になる。もちろん、その時には出来てなくても良い。ただ、そういう気分になれる。それが良い。

だから、何度も何度も同じことで悩んでいるだろうし、あなたは似たような記事に遭遇することあるだろう。でも、行き着く答えが違うこともある。それは、その時のボクがもう成長して次のステージに行ってるってことだ。逆に、同じ答えにたどり着くこともあるだろう。それは、ボクの中で変わらないものなのか、まだ克服できてないから、深堀りの余地ありってことだ。

そうやって成長と鬱を繰り返す記事を書き続ける。

なぜそれをするのかは単純に、楽しいからだ。ボクは、書くことが好きだ。そして、気付きを得ることが好きだ。答えを見つけることが好きだ。成長することが好きだ。変化していく自分が好きだ。だから、成長も鬱も楽しい。

成長と鬱の手前

ブログを始めるまでのボクは、成長と鬱の手前だったわけだけど、その頃は、ここ最近たくさん書いてるように、クズだった。お陰で、このブログには書くことがたくさんあって助かっている。クズにも役割があったんだから、ボクはクズだった頃の自分を認めている。

クズがマイナスだとすれば、ボクの成長の伸びしろは大概やばいだろう。パチンコ(子どものオモチャ)で、ボールを遠くに飛ばすためには、ゴムをマイナス方向に引けば引く。そういうことだ。新しい星が瞬く宇宙へ Sail Away♪

今日もどれだけの記事が書けるだろうか。

打ち合わせの時間がずれたので、また記事を書いた次第だ。

関連記事

有料記事が読みたいあなたへ

このブログの有料記事を読まれたいあなたは、
こちら
から有料会員登録をしていただければ、毎月パスワードが届きます。 パスワードは、月ごとに変わりますので、ご注意ください。




有料会員について

PAGE TOP