1. 思考
  2. 22 view

弱さを見せることはかっこ悪いから・・・

弱さを見せることはかっこ悪い。弱さを見せることは情けない。弱さを見せることは怖い。

そう思っている人は多いだろう。ボクだってそう思って生きてきた。弱さを見せないことがかっこいいんだと。強がることが大事なんだと思ってきた。
だけど、どうも違う、そうじゃないんだと思い出してたところで、確信に変わった。

弱さを見せることはかっこ悪いから・・・

このブログほど、自分の弱さをオープンにしている場所はないんじゃないかってくらい、自分の弱いところをたくさん書いている。それも自分を知っている人が見てしまうというリスクまで冒している。

お陰で、ボクはしんどい。
太陽が沈むと、気持ちも沈むことがある。それだけ自分に向き合っているという証拠だと思う。親兄弟は心配していたようだけど、外的要因で鬱ってるわけじゃないから、少しずつではあるけれど、克服もしている。心が強くなっているんだと思う。

弱さを見せられなかったことの原因は、こちらの記事にも書いたと思うけど、ようは自分に「嘘」をついてることになる。責められたくないとか、バカにされたくないとか、そういう見栄だったりが、自分に嘘をつかせてしまう。

そういう生き方をして出来上がったボクが、今はこうして弱さを開示して、自分に正直になろうとしている。

正直であろうとすると欲が見える

最近、ヨガの勉強をしていて、ヤマ(禁戒)を意識するようになったから、こうして色々な記事を書いていると、自分の欲に気付く瞬間も増えた。
当初は、この欲がダメなんだと、その欲を責めていたんだけど、ここ数日は考えを改めて、欲も認めてあげることにしている。

だって、ボクは欲もあるし、ワガママなのだ。それの何が悪い?

いずれ公開される記事で、ヤマのブラフマチャリヤ(禁欲)について書いているものがあるんだけど、そこでも書いたように、近頃、三大欲求もコントロールされている。

欲深い自分を認めたら、欲深くなくなった。変な話だけど、ほんとのことだ。

食欲が減って、一日一食+ちょっとしたお菓子やドリンクだけで、朝と昼は欲することなく、過ごせている。
睡眠欲が減って、いつまでも寝ることがないし、なぞに寝付きも良くなった。ちなみに、今日は4時間睡眠だった。
性欲が減って、ムラムラすることがなくなった。まぁ、これはそういうタイミングが来たら、その時は欲深くなるのかも知れないけれど、ことが終われば、また戻ると思っている。そんなタイミングがこの先なければ分からない(笑)とりあえず、アパリグラハ(不貪)も大切だ。

だけど、逆に、増えた欲もある。

それが、自由を求める欲と、そのために稼ごうと思う欲だ。ただ、お金が欲しいって欲ではないので、それはリンク先の記事を参考に。

こうして、自分の欲の増減も見えているが、別にそれでいいし、そのことを隠すこともない。自分が愛して欲しい人には愛して欲しいと願うから、そのために精進するし、愛したい人にはもっと愛を与えたいと思うから、成長を止めないように自分を見つめ続けている。

かっこ悪いボクに対して・・・

ボク自身は、好き好んでかっこ悪い自分を晒し者にしているわけじゃない。「こんな記事、人に見られたらどう思われるんやろ」とキーボードを打つことをやめたくなる衝動にかられながらも、書いているのだ。怖さと向き合いながら、なかば勢いだけで公開ボタンを押すことも多々ある。

だけど、そんなボクの行為に対して「正直な人が好きです」と言ってくれる人がいる。
「自分の弱さを見せれることは、本当に強いことや」と言ってくれる人がいる。

正直、嬉しい。でも、これはまだ入り口だ。ボクの弱さを認めて行くことは、より自分を正直にしていく。まだ、ボクは自分に正直になれたとは思っていない。少しは正直になって来たけど、まだその段階。この先、どんどん自分に正直になっていくだろう。

そして、それはきっとブログにも表れる。いずれ「こいつなんてワガママなやつなんだ」「自分に正直すぎてムカつく」なんてことを思う人が増えれば幸いだ。

弱さを見せることはかっこ悪いから、好かれる

本音で生きることができれば、それでもボクを好きだと言ってくれる人はいるだろう。そんなボクが好きだと言ってくれる人もいるだろう。
逆に、そんなボクだから離れていく人もいるだろう。嫌いだと罵る人もいるだろう。結構結構。それが理想だ。

これは強がってるわけではない。自分と合わない人と無理に付き合うことは、自分を壊す。だから、相手から離れてくれれば、これ幸いなのだ。

そして、それでも近くにいてくれる人は、本当にボクを好いてくれている人たちだけ。そんな幸せなことはない。

だから、ボクはもっと自分を晒すためにこのブログを書き続ける。本当のボクを知るため、そして知ってもらうため。それでも、あなたがボクと付き合ってくれるのであれば、嬉しく思う。

自分の弱さを見せることはかっこ悪いけど、汚れが取れるようで気持ちいい。さて、今日もかっこ悪く生きよう。

思考の最近記事

  1. 感覚の違い

  2. 遠慮と言い訳

  3. 闇から夏の希望へ

  4. 愛情→自信→自由→挑戦→努力

  5. 生きる理由のために我を忘れられるか?

関連記事

PAGE TOP