1. 思考
  2. 12 view

靴下を脱ぐ幸せから、全裸はどうだ?と考えた

ボクが、どうやら自由を求める人らしいというのは、このブログの、特に定時公開以外の記事を読んでくれている人には伝わっていると思うのだけれど、自由とはつまり縛られない、アンチェインってこと。刃牙で言うビスケット・オリバなんだろう。

そこで、ふと思ったのだ。そのことについて短いけれど、書きたくなったので書いてみよう。

靴下を脱ぐ幸せ

ボクは、靴下が好きじゃない。裸足の開放感たるや、最高だ。幸せを感じる。

どうせなら、家の中でもスリッパはいらないし、なんなら裸足で芝生を、土、砂浜を歩きたい。砂利はいやだ。痛いのはごめんだ。でも、裸足で登山するのもいつか試してみたいから、それまでに足裏を固くするのに砂利道も歩かなければいけないのかも知れないが・・・(笑

で、さっきバーの待ち時間は、部屋でブログを書きながらも、脱ぎたい衝動を抑えて靴下を履いていた。イライラしたけど、お客さんを待たせるのも悪いしと、我慢した。ストレス!

片付けを終えて、閉店作業もして、帰宅して、靴下を脱いだときの幸せたるや。

その時、ボクはふと思った。

「あれ?もしかして、服さえもオレを縛っているのではないか?」

こぉじ心の声

と・・・領域展開「変態思考」へようこそ。

まぁ、さすがに実家で試すわけにもいかんし、これはテストする場がないので、立証は今のところ不可能だけど、生まれたままの姿でパソコンと向き合ったり、瞑想したりしてたら、、、シュール過ぎて笑えるけど、捗りそうな気がした(爆

いずれ、ホテルにでも泊まる機会があれば、試してみよう。全裸執筆ブログ爆誕だ。

もし、そこまでボクが縛られるのが嫌いな人間だとしたら、もはやこの世の中にボクを縛れる人間など存在させないだろう。
縛りたい人間に見つかれば逃げる。そして、ボクは捕まって、投獄されて、縛り続けられる生活を送ることになる。。。だから、全裸で生活するなら一人暮らしでもして、家の中だけ!お外で全裸は、だめ絶対!!

ってか、お腹冷えてまうから、良い子はパンツくらい履こうね!

思考の最近記事

  1. 感覚の違い

  2. 遠慮と言い訳

  3. 闇から夏の希望へ

  4. 愛情→自信→自由→挑戦→努力

  5. 生きる理由のために我を忘れられるか?

関連記事

PAGE TOP