1. 思考
  2. 16 view

試練はすぐに訪れた・・・

とりあえず、まずは黙ってこの記事この記事を読んで欲しい。そして、戻ってきてもらえれば、この記事がよく分かる。

ってことで、先ほど書いたばかりなんだけど、試練はすぐに来てくれた。

ピンポ〜ン

てなわけだ。ちょっと深夜に向けて、長くなりそうな記事を書いているところに、インターホンがこだました。

「おぉ、そう来るか」と、とりあえず、さっと外に出て接客開始。30後半〜40代くらいの女性二人組が店の前で待ってた。すぐに、お店に招き入れて、後は時間が過ぎるのを待つだけ。

そして、「来月から予約制になりますので〜」と告げて、見送った。

ふむ。やめよう。

これは、誰に対してもほぼそう感じることなんだけど、ボクは、自分のためになにかしている時に、邪魔されることに一番イラっと来る。申し訳ないが、親兄弟にはうんざりしているし、子どもにも同様に。

せめて、用事があるなら、ノックしてから入って欲しい。呼ばないで欲しい。要件はサッと済ませて自由にして欲しい。ボクの時間を縛らないでほしい。

だから、接客業はもちろん、待つ仕事なんて金輪際ゴメンだと、強く感じたし、やめようと決意した。

ありがとうオバサンたち、あなたたちのお陰で、決意は固まった。これが断固たる決意ってやつだ。

ボクはどうやら、どこまでも拘束が嫌いなようだ。相手のつもりは関係ない。ボクが縛られていると感じることは、全部嫌いってことなのだろう。ごめんね。レッドブル飲んだら、どこかに飛んでいくから。買ってきてくれ。

関連記事

有料記事が読みたいあなたへ

このブログの有料記事を読まれたいあなたは、
こちら
から有料会員登録をしていただければ、毎月パスワードが届きます。 パスワードは、月ごとに変わりますので、ご注意ください。




有料会員について

PAGE TOP