1. 思考
  2. 17 view

いつも試されている

一人でいる時でさえ、ブログを書いて、自分と向き合ってる時は、自分で自分を試していると言える。

そこに他人がいれば、それはすでに試されていると考えてもいいだろう。

試されてると思うと疲れるが

仮に友人といても「試されてる」なんて思ってたら、シンドい。友人のことを訝しんでしまうかも知れない。

だから、別にそういうことじゃないんだな。

ボクが言いたいのは、「本当に試される時に備えて」、いつも試されてると考えて生きる。という選択肢を持っといた方が楽だってことだ。

「試そうとしてない相手に何を試されてると言うのか?」なんて思うかも知れない。

試練なんてゲーム

それは、自分で勝手に決めればいい。つまり、試練なんてゲームみたいなもんだ。

「今日はこいつを◯回笑わせてやろう」とか「◯◯って言わせてやろう」とか、ほんとなんでも良い。徐々にレベルを上げるのも楽しいだろう。

そうやってる内に、ほんとの試練が来た時にも、「やっとこさ、来なすった」と焦ることなく、落ち着いて対処できるんじゃないかと思うわけだ。

それが勘違いでもいい。でも、それもゲームだ。楽しんで、本気でクリアしてやればいい。

クリアの数だけ強くなる

なんでもそうだけど、耐性が付くと、強くなれる。

だから、いつも試練を作るのは、アリやと思う。

ボクは、昨夜、妹から「また適応障害の時の症状出てる」「病院行った方がいい」と言われて、ショックを受けた。

幸い、すぐにポジティブになれたんだけど、そのショックで余計に鬱になってたから、なかなかにしんどかった。

そういうこともあるから、常日頃から試練を作ろうと思ったわけだ。

まぁ、ボクの場合は、ブログでの自己開示が毎日試練なんやけど、それとは別にね。

ほんと、ブログ書いてても鬱になるのに、そこに来て、周りからも突然、試練が来るのは精神衛生的によろしくない。

今日で言えば、「即行動」が課した試練ってとこかな。言われたことも頼まれたわけじゃないけど、すぐに動いたし、閃いたこともすぐに行動した。

これを場面場面でやってたら、これまたスゴい成長をもたらすんではないだろうか。

タパスがボクへのメッセージなので、こういう取り組みもはじめてみようと思ふ。

思考の最近記事

  1. 感覚の違い

  2. 遠慮と言い訳

  3. 闇から夏の希望へ

  4. 愛情→自信→自由→挑戦→努力

  5. 生きる理由のために我を忘れられるか?

関連記事

PAGE TOP