1. POMAの生態
  2. 19 view

雑多な日記はじめました

ども、POMAです。

梅雨になって、部屋の湿度も上がってるので、PC含む機械たちの調子が心配になってしまう季節ですね〜。

部屋に飾っているフォークギターたちも、カビないか気になるところですが、基本的にはコーティングされてるので大丈夫でしょう。ここ何十年も大丈夫やったので。

さて、ジメジメした日が続きますが、あなたはいかがお過ごしですか?

僕は、5月後半にPPSをスタートさせて、まだまだ宣伝が足りてないなぁと考えながらも、実質このような出張型の商売は、「信用」が先にないと「信頼」に繋がらないので、口コミを最大限に活かせるシステム作りをせなあかんなぁとか、頭を悩ませる日々です。

ただ、頭で考えてても何も起きないですよね。行動に移すとかしないと。そこで、ブログにてアウトプットしてみることにしました。

まぁ、そんなお硬い考えなんかを書いてても僕自身すぐに飽きるので、基本的には「POMAの生態紹介」がメインコンテンツです。

ってことで、初回の今回は、僕大好きなポケモンGOのことを書いてみます。

ポケモンGOがずっと面白い

モンスターボールPLUS

あなたもポケモンGOのリリース当初、2016年7月頃にはやってみた!なんて思い出すのではないでしょうか?

僕は、それ以降も4年間やり続けています。

ちなみに、原作のポケモンは、初代こそ緑をやっていましたが、以降は手を出したことがありませんでした。当時は中学3年生くらいでしたが、さすがに高校生になってからは、ポケモンよりもPS(プレイステーション)などのゲームにハマってましたね。

ですが、大人になり、子どもができてからでも「現実世界でポケモンがゲットできる」という体験はさすがに興奮したのを覚えています。

子どもたちはすぐに飽きましたが、僕と妻はずっとやってるゲームですね。(※今は別居中ですがw)

ポケモンのシリーズの中でもポケモンGOは、子どもよりも大人の方がハマるという変わったゲームだと思います。

外に出てプレイしていて、特に面白いなぁと思うことがあります。

それは、、、

年配のトレーナーが多い!!

※トレーナーというのは、ポケモンGO内でプレイヤーを指す言葉です。

公園やスポンサー店舗など、レイドバトル(ボス戦)のある場所へ行くと、若者よりも年配の方が多いんですよね。

年配の夫婦とか、ご友人同士とかで一緒に来てたりする光景を何度も目にしました。

こういったゲームって本当に珍しいですよね。何より、年配の方がゲームをするっていう現象が稀有です。

それも夫婦でとか、すごすぎるなぁと思いながらも、今ではそのような光景が当たり前になっています。

さらには、ポケモンGOを通じてトレーナー同士のコミュニティができていく様も目にしました。

トレーナー同士が何度も顔を合わせることで、繋がっているようです。

僕のように家族で車移動をしながらやと、なかなか繋がりは増えませんが、こんなコミュニティの作り方までできるのかと、色々と驚かされました。

そこで、ふと疑問に思うことがあります。

何が大人を引き寄せるのか?

そう、ポケモン自体は子どもに人気のタイトルで、僕ら世代の大人たちが初代なので、それより年上の方々は、名前こそ知っていてもやったことはない世代のはずなんです。

にも関わらず、次々と大人たちがプレイし始め、若者が離れていくのに、大人たちは残り続ける。

これはなぜか?と僕は疑問に思うわけですよ。

とは言え、僕自身も飽きずにやってるわけですから、何か理由があるのか?と思って、自分のことを考えるのですが、僕はそもそもポケモンGOで人と人との繋がりを持っていないソロトレーナーもしくはファミリートレーナーでしかないため、行きつく答えはありませんw

ですが、ソロトレーナーならではの壁を感じる中で、なるほど、こういうことが理由ではないか?と想像できることはあります。

新たな出逢い

ポケモンとの出逢いもそうですが、やはり先述の通り、トレーナー同士の出逢いは大きな意味を持っていそうです。

ポケモンGOは、ゲームの特性上、ソロよりもチームで動く方が効率が良くなります。

これは、レイドバトルと呼ばれるボス戦しかり、ジムバトルしかり、ポケモン集め(厳選含む)しかりです。

最初はソロでプレイし始めたとしても、次第にソロには限界を感じ、仲間を欲するでしょう。そうなると、レイドなどで何度も顔を合わせるトレーナー同士に会話が生まれ、そこから付き合いが生じることは容易に想像できます。

ここから僕は、「人は案外、いつも新しい出会いを求めているんだな」ということを知りました。

つまり、元来、人間は寂しがりであり、かつ新しい物好きなのでしょうね。

コミュニティを作ることで、安心できるし、強くもなれる。まさに人類が生き残れた理由そのもののような感じですw

ポケモンGOが目指すもの

実は、これはポケモンGOを開発しているナイアンティックという会社が目指していることと、まさしく一致していると思います。

ポケモンGOは、そもそも家ではなく、外に出て遊ぶゲームです。そして、そこで様々なトレーナー同士が繋がりを持ち、新たなコミュニティを作る。

そんなゲームの姿を目指しているわけですから、まさに一致していますよね。

駅とかスポンサー企業でスマホを持って画面をタップしている集団を見かけたら「ポケモン?」と思って間違いないってくらいに、トレーナーたちは群がり、そこから新たなコミュニティを作っていくのでしょう。

いっときは社会現象まで巻き起こしたポケモンGOも、今は本当に楽しいと思える人たちだけがプレイをするようになりました。

つまり、淘汰されて、同じ趣味を、同じ好きなことを持つ人同士が集まれる場所を作り上げてきたってことですね。

そんなポケモンGOトレーナーたちを尻目に、僕はソロトレーナーとして、頑張っていきますw

誰かフレンドになってくださ〜〜〜い!!!(心の声)

実は、ポケモンGOYoutubeチャンネルもやってます♪

寂しいソロトレーナーな僕ですが、実はYoutubeでポケモンGOを中心としたチャンネルを持っています。

「釣りキャンGO」という僕の趣味を動画にしているだけのチャンネルですが、スタート直後にコロナもあって、まだポケモンGOしか取り扱えていませんw

今後は、釣りとかキャンプ動画も撮影する予定なので、興味がある方はぜひチャンネル登録お願いします♪

釣りキャンGOへのチャンネル登録は、以下のURLをクリックすれば可能です!!

釣りキャンGO(Youtubeチャンネル)

http://bit.ly/39B4yFF

今後のこと、、、

いずれPPSでもチャンネルを作る予定です。もちろん、パソコンのことだけを扱うチャンネルなので、需要があればにはなりますが、もし、「Zoomの使い方の動画を作ってほしい」とか、あなたからの声をいただければチャンネルを開設して、撮影していきますので、ご要望などはLINE公式アカウントよりお願いたします。

PPSのLINE公式アカウントの友だち登録は以下のQRコードを読み取るか、下部「友だち追加」ボタンをクリックすることでも、可能です!

友だち追加

POMAの生態の最近記事

  1. 応援されることの意味

  2. iMacが届いて少し経ちました

  3. ピンクヘアーへの道のり〜シルバーヘアー編〜

  4. やっぱ敦賀に住みたい!!

  5. 新調しているiMacが届かない件について

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

月間アーカイブ

アーカイブ
登録
close
プロフィール
close
予約履歴
close
ID 予約日時 カレンダー ステータス
予約の詳細
close
予約の詳細
あなたの個人情報は表示されません。
サービスを選んでください
サービスの詳細
PAGE TOP