記帳や申告がメンドクサくて放置してたら最大40%の追徴課税?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

起業したばかりの頃、帳簿を作らなければならないと、会計ソフトを買ったはいいけど、いつのまにやらやらなくなった。

あなたは、こんな経験がありますか?

きっと、あなたは「もうえぇやろ」なんて記帳も申告もしなかったような経験はないと思いますが、もし、申告せずにいたらどうなっていたのでしょうか?

申告しなければどうなるのか?

メンドクサイからいいや。と帳簿(会計ソフト)に記帳することなく、申告時期を過ぎて、それでも申告せずにいたらどうなるのでしょうか?

実は、確定申告(法人なら決算申告)を怠った場合、ペナルティ(罰則)があります。それが、以下の3つ。

  • 脱税
  • 延滞税
  • 加算税

脱税は、あなたも耳にしたことがあるのではないでしょうか?マスコミでもよく取り上げられてますね。

脱税とは?

脱税は、税法に違反している方法で、税金をごまかす行為です。

その為、脱税は法律違反になり、刑事罰が課せられます。

「5年以下の懲役」または「500万円以下の罰金」のどちらか、またはその両方が罰則として定められています。

脱税で注意しなければならないのは、税理士ではない人、つまり税法のプロではない素人から「節税になるから」というアドバイスを真に受けて、やってしまうパターンです。もちろん、中にはグレーゾーンなものがあり、そうと知りつつやる事業主もいますが、、、

「節税」と「脱税」は似て非なるもの。絶対に、素人判断でやってはいけません。

必ず顧問税理士か、税理士会に相談してください。

目先の利益に泳がされて、刑事罰を課せられて、前科がつく方がよっぽどリスクが高いです。

延滞税とは?

延滞税は、平たく言えば「利息」です。

レンタルDVDの延滞料のようなものですね。

利率が7.3〜14.6%と、決して可愛くないので、納期限は忘れないように気をつけましょう。

加算税とは?

何らかの事情で税金を納付していなかった場合に課される加算税。

納付の失念でも、悪質な脱税でも、情状酌量の余地はありません。(これが税務署が怖いと言われる所以でしょうか)

35〜40%も納税しなければならなくなるので、もし、加算税を支払う事態になれば大損です。

これは脅しではありませんが、、、

ここで紹介した追徴課税は、決して他人事ではありません。

納付を忘れていても、大なり小なりの延滞税を払わなければならず、もしかしたら、あなたも一度は経験があるかも知れませんね。

起業当初は、赤字であることも珍しくないので、金額も少なく済みますが、ここに消費税が絡んでくると、本当に大惨事になりかねません。

消費税は、売上が1000万円を超えていれば、赤字だろうと支払の義務が生じます。

これは実際にお金がなくても、払わなければならない税金です。(分納などで負荷を軽くすることができます)

メンドクサクても取り組まなければならない記帳

本来、会計ソフトで日々記帳することは、追徴課税から逃れるためにではなく、実態把握のために必要なことです。

それを怠ったがために、払う必要のない、それも多額の税金が課税されるようなことにならないよう、日々の記帳はメンドクサクても取り組むことをオススメします。

もちろん、毎日でなくとも、毎週や少なくとも月に一度は、会計ソフトに入力する時間を設けて、記帳を行ってください。

それでも本業に集中したい人のために、、、

会計ソフトでの記帳は、本来あなたが自分たちで行うことが理想ですが、弊社は、こんな風にも考えています。

「起業した商売人は、自分の商売をとことん追求したいもの。だから、余計だと感じることに労力と時間を割く必要はないんじゃないか?」

記帳を始めとする経理は、余計なことではありません。ですが、本業とは直接関係がない作業であることも事実です。

だから、弊社では、あなたのように「本業に集中し、追求したい」という商売人のお役に立てるよう、記帳代行をサポートしています。

クラウド型記帳代行サービス

クラウド型記帳代行サービスは、クラウド会計ソフトを利用した記帳代行を行います。

クラウド会計ソフトを利用することで、あなたはもちろん、弊社の作業も飛躍的に効率よく処理できます。

クラウド型記帳代行サービスをご利用された場合、あなたがすることは「通帳のコピー、レシートや領収書、請求書などをまとめて郵送」するだけ。

その後のやりとりは、すべてインターネットを介して、クラウド会計ソフトの画面を共有しながら、Skypeなどで行います。

クラウド型記帳代行サービスに関する詳しい情報は、以下のページをご覧ください。

クラウド会計ソフトを選ぶなら、、、

私たちは、クラウド会計freee(https://www.freee.co.jp/)の認定アドバイザー資格を取得しています。

クラウド会計ソフトfreeeフリー

その為、私たちはクラウド会計freeeの導入支援から月次サポート、記帳代行をオススメしています。

  • 既に別のクラウド会計ソフトをお使いの方
  • インストール会計ソフトをお使いの方
  • 税理士はまだ必要ないという方

は、お気軽にご相談ください!ご相談・ご質問いただいても、売り込むようなことは一切いたしません!

クラウド会計ソフトまたはクラウド型記帳代行サービスにご興味がある方は、お気軽にご相談・ご質問ください


男性女性

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加